読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

棺姫のチャイカ4話まで

主にキャラ、ストーリーの根底にあると思われる「生きる目的」というテーマと、キャラの武器と立ち回りの個性の強さ、設定説明よりも展開の早さを優先しているかのようなスピーディさが好み。

魔法少女大戦の宮城っぽさのチョイスのセンス

魔法少女大戦はご当地を地味に守る魔法少女のお話だそうで。 魔法少女大戦 オフィシャルサイト | MAGICA WARS OFFICIAL WEBSITEそのアニメ版の1話のタイトルが『宮城県青葉鳴子の場合 第1幕』。 宮城県出身者としてはすごく気になってたんですわ。そんで見て…

艦隊これくしょんの歴史修正主義への加担が残念でならない

艦隊これくしょんの歴史修正主義を野放しにしてはいけない - 藤四郎のひつまぶし 作戦が警備、防衛戦から始まることでこちらから仕掛けたのではないと強調する。 敵のビジュアルが人間でないことで敵国への敵対感を煽る。 艦娘の悲惨な姿を見せることで憐憫…

作品との不幸な出会い方と幸運な再会

先日こんな記事を見かけまして。 腹筋いたいwww 精魂込めた自作のラジコン飛行機が「リスに盗まれ大空を舞う」マニュアル付けるんじゃなかったな・・・ | DDN JAPAN な ん だ こ れwwwww リス、天才だな自作のラジコン飛行機に「精巧なマニュアル機能」を…

「なんで映画見に行く人が減ったのか?」

「なんで映画見に行く人が減ったのか?」みたいな話が出る度に、「350円でドリンクを売り、ペラッペラのパンフを800円で売り、1800円も払って入ってくれた人に対して延々20分も広告を見せた挙句に犯罪者呼ばわりする」という現状を把握した上で言ってんの?……

GO!GO!575のささやかできらめく青春の日々

まずまだ見てなかったら本編を!! 1話ならちょっと時間かかる系カップそばを作っている間に見られる3分30秒。 全4話見ても15分でお釣りが来る!

劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』見てきた

劇場版アイマスを見てきた。 率直に言って面白かったです。

サムライフラメンコと暴力性

何気なくノイタミナの新作発表会を見ていて、2013年10月からの放送作品としてその存在を知ったサムライフラメンコ。 第一印象としてはTIGER&BUNNYのヒットを見て、そのキャッチコピー、「痛快バディヒーローアクション」と同じようなことをやるのかな? と…

機巧少女の涙というモノ

アニメ「機巧少女は傷つかない」は機巧魔術が隆盛を極めているという設定の大英帝国のリヴァプールを舞台に、家族を殺した兄への復讐に燃える人形使い赤羽雷真が、そのパートナーである着物姿の少女型をしたオートマトン夜々とともに織りなす物語です。原作…

ミス・モノクローム -The Animation-における電池

2013年10月現在、ミス・モノクローム -The Animation- というアニメが放送中だ。 このアニメの主人公、ミス・モノクロームはアンドロイド。 動力源は単3電池1本となっている。 StarChild:ミス・モノクローム -The Animation-|キャラクター|ミス・モノクロ…

いつ泳ぐの? 今でしょ!

Free!が面白かった。

シロクマさん、hagexさんが言ってもいないことを言ったという記事になっています

毒舌は危ない香辛料で、濫用すれば因果が回ってくる - シロクマの屑籠 こちらの記事を読みました。 この記事は大きく二段の構成になっていて、最初はhagexさんの優等生が言ってることはつまらない - Hagex-day info という記事への言及があり、その後に毒舌…

ブギーポップ・ウィズインさびまみれのバビロンについて

無駄を省いた要約:さびまみれのバビロンは3人の女の子がとある不思議な現象・事柄をあーでもない、こーでもない、とキャッキャウフフいいながら解決しようとするお話。 ブギーポップが出てくるということで、この作品にも世界の可能性を閉ざしてしまう存在…

プリティーリズム・レインボーライブ23話で取り上げられた問題の解を探す

プリティーリズム・レインボーライブ23話では、個人的に興味深い問題が取り上げられていました。 これです。 T-ART/syn Sophia/テレビ東京/PRR製作委員会『プリティーリズム・レインボーライブ』23話 今回はこの問題について考えてみます。

超次元ゲイムネプテューヌのパロネタメタネタ風刺ネタ

空中にコインが浮かんでいて、ピーチを狙う亀が出現するアトラクションが舞台になる。 アブネスという幼女を守る活動家キャラが出てくる。 アニメ超次元ゲイムネプテューヌはゲームやゲーム周辺の環境のパロディがふんだんに取り入れられている。 ただ自分は…

ブログの更新を再開します

っぶねー。 早ければ二、三日で再開します、って書いといて良かったわー。 やっぱ自分のそのときの感情は信じられないわー。 気分屋だって自覚してて良かったわー。 これからは気分次第の更新ペースにするわー

ブログの更新を無期限に停止します

といっても早ければ二、三日で再開しますけど。

アップデートされるヒーローと世界「ガッチャマンクラウズ」

『世界をアップデートさせるのはヒーローじゃない。僕らだ。』 タツノコプロ/ガッチャマンクラウズ製作委員会『ガッチャマンクラウズ』2話7月スタートのアニメをひと通り見たと思ったら、見落としてて最後に見ることになったのがガッチャマンクラウズ。 こ…

しがらみからの開放「Free!」

俺はフリーしか泳がないから おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶高校水泳部『Free!』1話 言っただろう。俺はフリーしか泳がないって。 おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶高校水泳部『Free!』1話freestyleは競泳の種目の一つ。 その名の通り特に泳…

様々なアイドルユニットのリーダーのあり方が見えるアイカツ! 38話、39話

毎週様々なアイドル活動を繰り出してくるアイカツ!。 私はこの作品がとても好きで、毎週楽しく見ています。 そのアイカツ!は先週、主人公の星宮いちごがリーダーを務めるソレイユ、トップアイドル神崎美月がリーダーのトライスター、天然系アイドル有栖川…

艦隊これくしょんの歴史修正主義を野放しにしてはいけない

艦隊これくしょん -艦これ- なぜ艦隊これくしょんというゲームが野放しになっているのか私には理解出来ません。

作品を楽しむことを強制してくる奴は本当に度し難いな

ある作品を批判する意見について、 「嫌なら見るな」 みたいなコメントをわざわざ自分から見に来たにもかかわらず残していくのは高度なギャグなのか?設定の矛盾や納得いかないストーリーへのツッコミに、 「細かいとこ気にするより、面白いところを楽しもう…

俺修羅を発端とした個人と世界のリアリティの話

先日、アニメについてちょっと記憶に残る論戦があったのでここに書き留めておきます。 話題としては俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるの話、具体的には7話以降本格的にストーリーに絡むことになった冬海愛衣についての評価が真っ二つだったあたりからスター…

現実ツエーアニメ『惡の華』

一昔前、主人公とヒロインの恋愛関係の変化が世界の危機といったものに直結している作品をセカイ系なんて呼ぶことが流行った時代があったみたいです。セカイ系 - Wikipedia惡の華を見ていてこのセカイ系なる言葉を思い出しました。 と言っても惡の華がセカイ…

カメラ、写真の使われ方に見るアニメフォトカノの独自性

アニメフォトカノは恋愛シミュレーションゲーム、フォトカノが原作のアニメでした。 4話までで世界観を提示して、その後各ヒロインとの恋愛をオムニバス形式で描くという、アニメとしてはやや珍しい形式を採用しています。 メインとなる各ヒロインのエピソー…

蘭と友達

アイカツ!は元気一般の中学生、星宮いちごがアイドル養成の名門、スターライト学園に編入して同級生を始め個性豊かなメンバーたちと時に競い、時に協力しながら数々のオーディションに挑戦していくアニメです。参考:アイカツ!の丁寧さと面白さがわかる527…

再掲:アニメ兄好最終回での異性愛の否定と家族愛への回帰

※本記事はジャムミックス!で2011/3/28に投稿した記事を修正・追記・再編集したものです。アニメお兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね!!が最終回を迎えました。 初見ではそれまでの過激な演出を随分抑えて上手くまとめた最終回だなぁと思…

再掲:アニメヴァンガードの真摯さにはドラッカーもびっくりだよ

※本記事はジャムミックス!で2011/5/13に投稿した記事を修正・追記・再編集したものです。見てない方のために説明すると、カードファイトヴァンガードは実在するカードゲームのアニメです。 しかも放送開始時にはまだ発売していなかったカードゲームです。 …

【ネタバレ】ハルのネタバレあり感想【ネタバレ】

映画『ハル』を見てきたのでその感想を。 劇場中編アニメーション「ハル」 | 人とロボットの奇跡の恋を描く劇場中編アニメーション

趣味と嗜好の変遷〜5年後に同じ趣味を同じように楽しんでいるか〜

先日、アニメやゲーム、ライトノベルなどで自分と被る趣味がある人と話をしていました。 その中で出てきた話題の一つが5年後も同じ趣味をしているかの思考実験です。 そのとき話していた人の見解が、自分は5年後には同じ趣味を続けていないというものでした。…

俺妹最終12巻を読んでの遠慮ない感想

語りたいテーマは2つ。 一つは信頼出来ない語り手。 一つは世間の常識。

翠星のガルガンティア9話でエスカレートする価値観の相違と融和の可能性

翠星のガルガンティア9話では人類銀河同盟の成り立ちとヒディアーズの誕生の経緯が描かれました。 実に衝撃的な展開でした。 と同時に、異なる価値観とどう接していくかというテーマがどこまでいくかますます気になる展開とも感じました。

マジェスティックプリンス8話で描かれた戦闘と戦術

マジェスティックプリンスの8話はほぼ全編にわたってケレス大戦という戦闘を描いていました。 この戦いの描き方が戦闘単位で見るのと、戦術単位で見るのとで、かなり違った面が見られてとても面白かったです。

フェアロック船団長は最後にリジットの胸を触りたかったか?

立派になって…君の父上にも胸を張って報告できる オケアノス/「翠星のガルガンティア」製作委員会『翠星のガルガンティア』8話この純粋なまなざしからふと思いついたことがあります。 フェアロックは最後に立派になったリジットの胸を触りたかったのではな…

優しさに包まれていたアイカツ!32話

アイカツ!32話『いちごパニック』がとても良かった。32話『いちごパニック』はアイカツ!の主人公、星宮いちごが仲間と出演するライブと単独CM出演を両立させることになる話。 もともと仲間5人でライブに出ることになっていたいちごの元に、単独CMのオファ…

翠星のガルガンティア前日譚『少年と巨人』と本編から読み取る自然征服思想と自然共存思想

先日、一部アニメ専門店ほかで翠星のガルガンティアの前日譚のノベライズ、『少年と巨人』が発売されました。【NitroplusBooks新刊】小説「翠星のガルガンティア 少年と巨人」発売中!|ニトロプラス Nitroplus アニメ本編ではガルガンティアの技術、文化に…

相反するモノがテーマを際立たせる。例えば商業と趣味

バクマン。がおそろしい一つの理由 - 指輪世界の第二日記 「そう。自分の好きな漫画を描くということと、不特定多数のたくさんの人が求めているものを作るということの差分、それはかなり違うことで、その間には広いスペクトルがあるからさ。その差分を自分…

超電磁砲5話の御坂妹のスカートの設定と演出

とある科学の超電磁砲5話では4話ラストで登場した御坂妹の行動、性格などがじっくりと描かれました。 その一連の御坂妹の描かれ方の中で気になった部分があります。 それはスカート。

お宅の間で力を増している自民族中心主義

現在お宅の中で自民族中心主義が力を増している。

今期アニメの特徴的な設定から見える、現代日本の空気

2013年5月現在、日本では多様なアニメが放送されている。 その中には物語が男の子と女の子の出会いから始まるなどのお約束とも言える設定を持つアニメもあれば、そうではない特徴的な設定を持つアニメもある。2013年4月開始アニメではなかなか特徴的に見える…

誤解を生むとよくないので、LDさんの記事の俺ガイルの部分について補足します

「友達欲しい系」は、ぼっちを如何に癒すのか? - 今何処(今の話の何処が面白いのかというと…) こちらの記事を読みまして、俺ガイルことやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。を勘違いする人が出るのは不幸かと思いました。 なので僭越ながら私が補足…

社畜にも見てほしいシュガーラッシュ

先日見てきたシュガーラッシュはとても満足感がありました。 レトロゲームから最新ゲームまで様々なゲームへの愛情と尊敬が見て取れます。 コミカルでかわいいいたずらっ子、ヴァネロペは見ていてあきません。 そして悪役のラルフを通して、社会のおける自分…

評論って別にドキュメンタリー風のコントでもいいんですね

4月28日(日曜日) に超文学フリマinニコニコ超会議2に参加・評論誌を頒布 - 長文スペース

ゆゆ式のマンガに対応できなかった男の戯言

2012年8月にアニメ化が決定したあたりから、自分の観測範囲でにわかに名前を見ることが多くなった4コマ漫画、『ゆゆ式』。 どれどれとマンガを手にとって見たわけです。 そのときはゆゆ式のスタイルに全く対応することができず、苦渋を舐める結果となりまし…

再掲:バクマン。から感じたマンガとアニメの制作者の見え方の違い

※本記事はジャムミックス!で2011/11/12に投稿した記事を修正・追記・再編集したものです。 バクマン。2の6話「病気とやる気」なのですが、 マンガで読んだ時と印象がぜんぜん違っていたのでびっくりしました。

虚淵玄さんの描く作品のイメージと翠星のガルガンティア

アニメのスタッフについて、昔の私はジブリの宮崎駿監督や、ガンダムの富野由悠季監督といった方しか知りませんでした。 現在の私もそう多くの人を知っているわけでもありません。 ですが全く知らないかといえばNoです。 ある程度アニメスタジオであったり、…

お行儀の良い作品より、心を打ち抜く作品を目指していると再確認したのうりん6巻

のうりんという作品は農業高校を舞台とする、綿密な取材に基づいたライトノベルです。 その取材の成果は作品の端々から感じられますし、作者のブログでも取材の一部が見られます。のうりんのぶろぐ 第25回 セルフ聖地巡礼! 奥美濃を歩く : のうりんのぶろ…

「縛り」ではなく、「強み」の一つと考えた方がいいのでは?

マンガ☆ライフ |俺がアニメ版アイドルマスターをアイドルアニメとして見れない理由について ふと思うところがあったのでアニメ版『アイドルマスター』ことアニマスを何回か見直していたんだけど、俺はやっぱりアニマスをアイドルアニメとしては全く見れなか…

センゴク一統記3巻に人の意志と抗えない力が織りなす「現代的」な本能寺の変を見た

戦国時代モノと本能寺の変 本能寺の変というのは日本の戦国時代を描く作品において、一番盛り上がる場面の一つかと思われます。まず尾張一国(愛知県西部)すら支配出来ていない状態から、一代で天下を統一しかけた稀代のカリスマ、織田信長が突然の死を迎え…

誤解を生むとよくないので、TM2501さんの俺ガイルについての記事に補足します

スクールカーストと若年向け文学〜さるラノベを読んでいる僕の苛立ち〜 - とある青二才の斜方前進 こちらの記事を読みまして、俺ガイルことやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。を勘違いする人が出るのは不幸かと思いました。 なので僭越ながら私が補足…