読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

ガルガンティアミュージアムで等身大チェインバーコクピットに心奪われてきた

「翠星のガルガンティア」アニメ公式ブログ | 「翠星のガルガンティア メッセージミュージアム」本日から開催! 7/4より開催という事で早速行って来ました。 原画、キャラ原案・設定、美術やメカデザインなども良かったのですが、一番自分が興奮したのがチェ…

翠星のガルガンティア12話までの情報でなぜああなったか考える

翠星のガルガンティアは後半、ぼーっとしていると置いていかれそうな急展開をしているように思う。 今回は12話の展開についてちょっと考えてみる。

経営のガルガンティア

1話 部外者 人をコマとして扱う消費者金融系超絶ブラック会社、人類銀河同盟社に入社したレドは連日の業務を疑問を感じずにこなしていた。 レドが久しぶりの連休の後、早朝に人類銀河同盟社が入居しているビルに出社すると、フロアに人がいない。レドはそれ…

翠星のガルガンティア9話でエスカレートする価値観の相違と融和の可能性

翠星のガルガンティア9話では人類銀河同盟の成り立ちとヒディアーズの誕生の経緯が描かれました。 実に衝撃的な展開でした。 と同時に、異なる価値観とどう接していくかというテーマがどこまでいくかますます気になる展開とも感じました。

フェアロック船団長は最後にリジットの胸を触りたかったか?

立派になって…君の父上にも胸を張って報告できる オケアノス/「翠星のガルガンティア」製作委員会『翠星のガルガンティア』8話この純粋なまなざしからふと思いついたことがあります。 フェアロックは最後に立派になったリジットの胸を触りたかったのではな…

翠星のガルガンティア前日譚『少年と巨人』と本編から読み取る自然征服思想と自然共存思想

先日、一部アニメ専門店ほかで翠星のガルガンティアの前日譚のノベライズ、『少年と巨人』が発売されました。【NitroplusBooks新刊】小説「翠星のガルガンティア 少年と巨人」発売中!|ニトロプラス Nitroplus アニメ本編ではガルガンティアの技術、文化に…

虚淵玄さんの描く作品のイメージと翠星のガルガンティア

アニメのスタッフについて、昔の私はジブリの宮崎駿監督や、ガンダムの富野由悠季監督といった方しか知りませんでした。 現在の私もそう多くの人を知っているわけでもありません。 ですが全く知らないかといえばNoです。 ある程度アニメスタジオであったり、…