藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

考察

クロムクロ二人羽織説

クロムクロ2話の剣戟がよかった。で、その剣戟の最中、クロムクロが鬼にバスだか電車だかを投げたシーン。 見事に鬼に両断されるんだけど、由希奈が何かに気づく。これ、最初はわかんなかったから見返してよく考えたんだけど、 鬼が両手を使わずに両断したこ…

はいふり1話ラスト

はいふり1話が良かった。最初の埠頭からずっと仕草が細やかで、キャラが可愛らしいのも良かった。だが、特に良かったのがラスト。突然の友軍からの実弾攻撃に、最初は遅刻に対する罰かと思うも、様子がおかしいと見ると友軍を沈めないよう魚雷を撃って離脱す…

ガルパン2話まで

ガルパンを見返す前のメモ - 藤四郎のひつまぶしまだ2話だけど既にある程度違和感は解消されたかも。・1話アバン終わって朝みほが目覚めるシーン。何かにせかされるように起きるみほはもううちじゃないんだ、と安心する ・わたしなんか…とか、友達ができるか…

ガルパンを見返す前のメモ

今、自分はネットの観測範囲を狭めにしている。 その狭い範囲でも頻繁に話題にあがっていると感じる作品がある。 それはガルパンことガールズアンドパンツァー。この作品、自分の評価と周りの熱にかなり差があるため、 熱く語っている人をみるともやもやして…

エスカ&ロジー8話中野英明

アニメエスカ&ロジーのアトリエの8話は温泉回。 フルメタル・パニックふもっふ以来、個人的にアニメの温泉回はぶっ飛んだ展開が多めになる印象があるんだけど、エスロジも結構独特の話数に仕上がっていた。

ごちうさ4話の作画がこれまでと違う!

個人的にすごいびっくりしたのでここに記す。

手は口ほどに物を言う

前にも書いたのですが悪魔のリドル面白いです。 悪魔のリドルの六角形 - 藤四郎のひつまぶし 2話では暗殺者として育ち、いつも諦めや不快感といったものを漂わせている兎角が、いつもニコニコしている、ターゲットと思わしき晴と交流していく内にどんどん変…

牛たん焼きは米軍の残り物から生まれたか?

牛たん焼きの発祥の地は? と言われて、仙台を想像する人は少なくないだろう。 現在に続く牛たん焼きという食べ方は、戦後の食糧難の時期に仙台にて誕生したようだ。 牛たん焼きの生みの親と言っていいだろう人物が、当時焼き鳥を中心とした飲食店を経営して…

悪魔のリドルの六角形

悪魔のリドル、可愛い・キレイな容姿で、個性的な性格の女の子がたくさん出ててまずそれが楽しい。今後の展開も、殺意や愛情のような強い感情が、時に前面に、時に隠され入り乱れる感じになりそうなのですごく楽しみ。んでキャラとか展開の話とはちょっと外…

一週間フレンズ。の心の距離を詰める表現

なんか関東圏日曜22:00~が軒並み面白く見れているんだけど、その中から一週間フレンズ。について。 主人公の長谷くんが友達を作ろうとしないヒロインの藤宮さんと仲良くしようとアタックしてたら、向こうも歩み寄ってくれたとこの表現がグッときたのでそれ…

れんげの時間

のんのんびよりを見て一番印象に残ったキャラが宮内れんげだった。具体的にれんげの何が印象に残ったかと言えば、れんげにフォーカスが当たっているときの時間の流れ方だとはっきり言える。

教室

まずはこの画像を見てもらいたい。 しゃんぐりら『暁の護衛』体験版 どんな印象を受けただろうか?

ひと目でわかる

最新話は結構進んじゃってるけど、やっと未確認で進行形を見始めた。 そんでちょっといいなと思った表現をメモ。

虎の穴が製作委員会に入ると…

先日、さんかれあなどの作品を書かれているはっとりみつる先生のHPを見に行ったら、こんなことを書かれていまして。 告知みっつ | 新スタジオはみ日記 <告知その1> 3/26発売のアニメ『ディーふらぐ!』の BD第1巻(とらのあな豪華限定版)特典 アナザーク…

劇場版モーレツ宇宙海賊を味わい尽くすために

劇場版モーレツ宇宙海賊亜空の深淵がとてもおもしろかったのと、劇場版をみて不満がある人と話したってのがあったので、自分なりにいくつか気になる部分についてメモ書きを残しておこうと思う。

「他のジャンルで有名なクリエーターを連れてきました」という企画はソッポを向かれがちか?

この前こんな記事を読みまして。 深夜アニメ:劇場版で続々ヒット 好調の理由 - MANTANWEB(まんたんウェブ) これについてちょっと気になって調べてみた。

ワルキューレロマンツェに匠の技を見る

風車小屋に桜が舞う。 西洋甲冑の下から可愛らしい制服が覗く。 レンガ造りの欧州風の町並み、木造中心の試合場という歴史を感じる舞台で、インカムマイクを装着した女の子が実況をする。 Ricotta/ワルキューレロマンツェ製作委員会『ワルキューレロマンツ…

ぎんぎつねの顔認識

10月からテレビ東京ほかで放送しているぎんぎつねは、神様や神社などへの造詣の深さと等身大の高校生の日常感といったものが感じられ、ゆったりとした気持ちで見ていられるアニメです。そのぎんぎつね6話で、ちょっと面白いとおもった表現がありまして。それ…

遠回りするヒロイン〜ミス・モノクロームとワコ〜

ミス・モノクローム9話でちょっと気になった部分。 ミス・モノクローム製作委員会『ミス・モノクローム -The Animation-』9話駆け寄るミス・モノクロームが、最短距離であろう倒れた美少女の左側へ向かわず、遠回りして右側へと向かう。

機巧少女の涙というモノ

アニメ「機巧少女は傷つかない」は機巧魔術が隆盛を極めているという設定の大英帝国のリヴァプールを舞台に、家族を殺した兄への復讐に燃える人形使い赤羽雷真が、そのパートナーである着物姿の少女型をしたオートマトン夜々とともに織りなす物語です。原作…

ミス・モノクローム -The Animation-における電池

2013年10月現在、ミス・モノクローム -The Animation- というアニメが放送中だ。 このアニメの主人公、ミス・モノクロームはアンドロイド。 動力源は単3電池1本となっている。 StarChild:ミス・モノクローム -The Animation-|キャラクター|ミス・モノクロ…

艦これTIPS 遠征は私を(あまり)裏切らない

艦これの遠征に関する小技。「艦隊これくしょん〜艦これ〜」 DMMオンラインゲーム公式ページ 11/1にイベントが予定されているようなのでそれに向かっての資源貯蓄の参考にでも。 「艦これ」秋の特別イベント"期間限定海域"は、【11月1日】スタートを目指して…

デタラメな分析を、してみてもいいかな

というのは「赤村崎葵子の分析はデタラメシリーズ」のヒロイン、赤村崎葵子がとあるシーンで言うセリフ。 このシリーズはジャンル分類するならミステリーに該当する。 特徴としては一つの出来事について複数披露される分析を読み、それぞれのキャラで分析結…

プリティーリズム・レインボーライブ23話で取り上げられた問題の解を探す

プリティーリズム・レインボーライブ23話では、個人的に興味深い問題が取り上げられていました。 これです。 T-ART/syn Sophia/テレビ東京/PRR製作委員会『プリティーリズム・レインボーライブ』23話 今回はこの問題について考えてみます。

超次元ゲイムネプテューヌのパロネタメタネタ風刺ネタ

空中にコインが浮かんでいて、ピーチを狙う亀が出現するアトラクションが舞台になる。 アブネスという幼女を守る活動家キャラが出てくる。 アニメ超次元ゲイムネプテューヌはゲームやゲーム周辺の環境のパロディがふんだんに取り入れられている。 ただ自分は…

しがらみからの開放「Free!」

俺はフリーしか泳がないから おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶高校水泳部『Free!』1話 言っただろう。俺はフリーしか泳がないって。 おおじこうじ・京都アニメーション/岩鳶高校水泳部『Free!』1話freestyleは競泳の種目の一つ。 その名の通り特に泳…

お互いが鏡像のようにも見えるBROTHERS CONFLICTとBaby Princess

7月よりTVアニメがスタートしたBROTHERS CONFLICTは医者、弁護士、僧侶、小説家、声優、美容師、俳優など様々なバックグラウンド、様々な個性を持つ13人兄弟(!?)に親の再婚の関係で女子高生の主人公が加わり、そこでの家族模様、恋愛模様が繰り広げられ…

ミルキィホームズの世界の緩さと展開の仕方の関係

『ふたりはミルキィホームズ』1話感想 - 水星さん家 シリーズものにも関わらず、こう初めて観るまで何が出るか全く分からなかった(それこそコメディ系かシリアス系かさえも)というのがミルキィのおもしろさなわけで。アニメ1期・2期・ゲーム・オルタナ…

様々なアイドルユニットのリーダーのあり方が見えるアイカツ! 38話、39話

毎週様々なアイドル活動を繰り出してくるアイカツ!。 私はこの作品がとても好きで、毎週楽しく見ています。 そのアイカツ!は先週、主人公の星宮いちごがリーダーを務めるソレイユ、トップアイドル神崎美月がリーダーのトライスター、天然系アイドル有栖川…

フォトカノの芸術としての写真、たまゆらの人との橋渡しになる写真

半分以上の話数が事実上の最終回となっており、1話に詰め込めるだけエピソードを詰め込み、嵐のように三ヶ月を駆け抜けたアニメ、フォトカノ。好評だった一期の流れを引き継ぎ、2話の終わりで新キャラが話に絡みだすというゆったりとしたスタートを切ったた…

CCCのアニメ製作ビジネス参入についてちょっと調べてみた

CCCが新しいアニメ製作ビジネス目指す 「てーきゅう」などプライベートブランドDVDも CCC、カルチュア・コンビニエンス・クラブと言ってもピンと来ない人がいるかもしれませんが、TSUTAYA、Tポイントといえば日本で知らない人は珍しいかと思います。 CCC…

カメラ、写真の使われ方に見るアニメフォトカノの独自性

アニメフォトカノは恋愛シミュレーションゲーム、フォトカノが原作のアニメでした。 4話までで世界観を提示して、その後各ヒロインとの恋愛をオムニバス形式で描くという、アニメとしてはやや珍しい形式を採用しています。 メインとなる各ヒロインのエピソー…

蘭と友達

アイカツ!は元気一般の中学生、星宮いちごがアイドル養成の名門、スターライト学園に編入して同級生を始め個性豊かなメンバーたちと時に競い、時に協力しながら数々のオーディションに挑戦していくアニメです。参考:アイカツ!の丁寧さと面白さがわかる527…

翠星のガルガンティア12話までの情報でなぜああなったか考える

翠星のガルガンティアは後半、ぼーっとしていると置いていかれそうな急展開をしているように思う。 今回は12話の展開についてちょっと考えてみる。

再掲:アニメ兄好最終回での異性愛の否定と家族愛への回帰

※本記事はジャムミックス!で2011/3/28に投稿した記事を修正・追記・再編集したものです。アニメお兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね!!が最終回を迎えました。 初見ではそれまでの過激な演出を随分抑えて上手くまとめた最終回だなぁと思…

Kindleの市場規模とKindleライトノベルカテゴリ9位の売上部数を推測する

この世の全てはこともなし : 魔王「私に勝てたらエッチなことしていいぞ」勇者「よし」 六月休 e!ラノベ電書 (´・ω・`)「そんなよくわからない作品なんだけど、キンドルのライトノベルカテゴリで9位にランクインするという売れ方をしている作品でもあるんだ…

首の後ろを手刀でトンに代わる手法を考える

百花繚乱サムライブライド10話で首の後ろを手刀でトンして気絶させる場面を見ました。 2013 すずきあきら・Niθ・ホビージャパン/百花繚乱SBパートナーズ『百花繚乱サムライブライド』10話この首の後ろを手刀でトンはアニメ、マンガなどで時々見かける表現で…

京介の一人暮らしで心配なこと

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」 第11話:男は胃袋で掴め!!ヒロイン達の食を巡る戦い - アニメな日々、漫画な月日 俺妹。11話で、各ヒロインが食に関して心配をしているという記事を読んだのですが、私としてはむしろ食とは違う部分にフォーカスした…

俺妹。10話の京介の話

俺妹。10話を見ていておや、と思う場面があった。

再掲:アニメヴァンガードの真摯さにはドラッカーもびっくりだよ

※本記事はジャムミックス!で2011/5/13に投稿した記事を修正・追記・再編集したものです。見てない方のために説明すると、カードファイトヴァンガードは実在するカードゲームのアニメです。 しかも放送開始時にはまだ発売していなかったカードゲームです。 …

【ネタバレ】ハルのネタバレあり感想【ネタバレ】

映画『ハル』を見てきたのでその感想を。 劇場中編アニメーション「ハル」 | 人とロボットの奇跡の恋を描く劇場中編アニメーション

俺妹の物語上の焦点と最終巻での恋愛の終着点の妥当性

一晩たって昨日書いた記事よりもう少し冷静になって考えたことを。 俺妹最終12巻を読んでの遠慮ない感想 - 藤四郎のひつまぶし 大きく俺妹の物語上の焦点と恋愛関係の終着点の2つについて。

翠星のガルガンティア9話でエスカレートする価値観の相違と融和の可能性

翠星のガルガンティア9話では人類銀河同盟の成り立ちとヒディアーズの誕生の経緯が描かれました。 実に衝撃的な展開でした。 と同時に、異なる価値観とどう接していくかというテーマがどこまでいくかますます気になる展開とも感じました。

マジェスティックプリンス8話で描かれた戦闘と戦術

マジェスティックプリンスの8話はほぼ全編にわたってケレス大戦という戦闘を描いていました。 この戦いの描き方が戦闘単位で見るのと、戦術単位で見るのとで、かなり違った面が見られてとても面白かったです。

ジェンガ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。8話の比企谷がキャンプファイヤーの薪を積み上げるシーンはほぼ同様のものが原作4巻にもある。 だけどちょっとシーンが追加がされてた。

フェアロック船団長は最後にリジットの胸を触りたかったか?

立派になって…君の父上にも胸を張って報告できる オケアノス/「翠星のガルガンティア」製作委員会『翠星のガルガンティア』8話この純粋なまなざしからふと思いついたことがあります。 フェアロックは最後に立派になったリジットの胸を触りたかったのではな…

ラノベのカラーページに進化の余地は?

最近本棚を整理しようと小説、マンガ、様々な単行本をスキャンしてて、ライトノベルでの巻頭カラーページの使い方ってマンガと結構違わなくね? これって最適解なの? との疑問がわいてきた。

優しさに包まれていたアイカツ!32話

アイカツ!32話『いちごパニック』がとても良かった。32話『いちごパニック』はアイカツ!の主人公、星宮いちごが仲間と出演するライブと単独CM出演を両立させることになる話。 もともと仲間5人でライブに出ることになっていたいちごの元に、単独CMのオファ…

翠星のガルガンティア前日譚『少年と巨人』と本編から読み取る自然征服思想と自然共存思想

先日、一部アニメ専門店ほかで翠星のガルガンティアの前日譚のノベライズ、『少年と巨人』が発売されました。【NitroplusBooks新刊】小説「翠星のガルガンティア 少年と巨人」発売中!|ニトロプラス Nitroplus アニメ本編ではガルガンティアの技術、文化に…

マジェプリの死亡フラグの立ちやすさは異常

マジェプリを見ているといつも死の匂いを感じてしまう。 なぜかと考えれば考えるほど、各方面で死の予感を感じさせる作りになっているな、と思ってしまう。