読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

何のためにアニメについての意見表明するのさ、それが他の人にどう影響するのさ、って話

ツイプレッション : 共有する喜びも捨てきれない――「自分が楽しめたらいいじゃん」について

こちらの記事にインスパイアされて。つってもこちらの記事ではアニメの「感想」について語っているし、厳密には一部議論がかぶるところがあるってぐらい。
んで何を思ったかというと、アニメについて色々語ることって、三つぐらいに分けられるのかなーってところ。

一つは意見を見せびらかしたい、一つは意見の是非を問いたい、最後の最後の一つはゲイ迅さんのように意見を共有したいってもの。

意見を見せびらかしたい

自分が書く記事は殆どこれ。
これは自分個人の話だけど、ブログの記事を書いている時は、アニメ試聴エリートであるオレ様が、愚民どもにサイコーにイカしたアニメの見方を教育してやるぜ!ヒャッハー!って感じで書いている事が多いのです。
例えばこんな記事。
一緒に見ると面白さ10倍!?補完して楽しめる2012年4月期新アニメ厳選3組 - 藤四郎のひつまぶし
これを描いてる時はもう脳汁出まくりで、こりゃ読んだ人は、なるほど!とひざを打つこと間違いなし、話題が話題を呼んでアクセスもうなぎのぼり!と思ってたら全然読まれてねーじゃん!ちくしょうめ!

まぁ、意見を見せびらかしたいってのも厳密には意見の共有に入るかもしれないなーと。なぜなら、記事を読むまでそう思っているか思っていないかはともかく、記事を読んだ後に、なるほど、たしかに、と共感してもらう必要があるから。
そんな訳で、分け方としては「言われてみるとたしかにそうだ!」を期待してるのが意見を見せびらかしたい、「そうそう、オレもそう思ってた」を期待しているのが意見を共有したい、って話。

意見の是非を問いたい

これはTwitterでちょこちょこするかな。例えばAngel Beats!の保険証のシーンってアレギャグでやってるの?AB!はギャグアニメでいいの?みたいな感じ。共有と違うのは、自分の評価が定まっていないこと。まぁこれを表明するなら、むしろ自分でネット巡回するなりして情報を集める方が多いと思うけど。

意見を共有したい

でこれ。自分はこう思ってるんだけどみんなもそうだよね、って話。で、これも厳密に分けると、こんなに面白かったからみんなも見ようぜ!みたいな、意見を見せびらかせたい、の要素が入ってたり、これつまんないけどみんなもそうだよね?っていう是非を確かめたい、ってトーンが入っていることもあると思う。つまりはここまで書いといてなんだけど、この3つはそこまで境界線がきっちり決まっているわけではない、とも思ってるわけですわ。

それが他の人にどう影響するか

んで境界線がきっちり決まってないのがトラブルのもとにもなるのかなーとか。意見を見せびらかしたい、って要素が強ければ、反対意見を受け入れる余地は少なくなりそうだし、是非を問いたいならば反対意見は大歓迎だろうって思う。ちょろっと図にまとめるとこんな感じ。

面倒なのが、この図のどの辺に位置するかは、とにかくケースバイケースなこと。ある人はどんな意見でも受け入れるかもしれない。ある人はガンダムについてだけは曲げられない意見があるかもしれない。ある人はアニメのビジネスの側面については辛辣な意見も受け入れるかもしれないけど、ある特定作品のヒロインの悪口だけは認められないかもしれない、などなど*1

だから書いた本人は左側のつもりだったのに、集まってきたのは反対意見ばっかり、なんてなると凹むわけだ。それに反対意見をいう人も、自分の意見の是非を確かめたい右側よりの立場なのか、それとも自分の意見を曲げるつもりはない左側よりの立場なのかは違ってくるんじゃないでしょうか。ある意見を書いた人のスタンスと、それに反対意見をいう人のスタンスで、その後有意義な会話になるのか、お互いが傷つく結果になるか、なんてのが変わってく気がするのです。これをtwitterなんかでやってたら、そりゃ様々なスタンスで様々な人が意見発信するだろうし、相手のスタンスはわかりづらいだろうしでギスギスすることもあろうわな、ってな話です。

じゃあどうすんのさ。

自分が基本どの辺にいるのかとか考えてみて、基本的にいろんな意見が欲しいなら、自分と嗜好が合う人合わない人に限らず広く情報集めてって、逆に自分と同じ意見を求めてるなら、自分の嗜好が合う人と絡んで行ったらいいんじゃないですかね。

つーかこれ何も語ってないのと同じじゃね?
まぁいいじゃん。

おまけに

縦軸に自分の意見を正しいと思っているか正しいとは限らないと思っているかを付け加えた図。なんかしっくり来ないので誰か発展させてくれるといいなぁ

*1:ちなみに冒頭のゲイ迅さんの記事の、まわりなんか気にしなくていい、自分が楽しめたらそれでいい、っていうのは左側のスタンスの人が反対意見を封じ込めるのにも、右側の人がいろんな意見を集めるのにも使われるような気がするのですよ