藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

自分の、このアニメ面白い!に死角から斬られた話

先日、ちょっとショックを受けた意見がありまして。どういう意見かというと、自分がそこまで好きでも嫌いでもないアニメについて、あまりにもtwitterなりブログなりで絶賛されてて、かえって興味を失ってしまったという趣旨の意見でした。

自分がそのアニメについて興奮のあまり書きなぐった記事なりツイートなりが、他の人がそのアニメに触れようとする気力を奪っていたかもしれない、というのが結構衝撃的で、失意のあまりその日は何も手につかず、食欲もわかず、寝床に入ってもそのことがぐわんぐわんと頭の中を回っていたのです。いや、嘘なんですけど。

ただ自分が全然予想していなかった角度からのとても鮮やかな逆風の太刀に、私の精神はずんばらりんと一刀両断されてしまったわけで。

そんで、悶々と過ごしながら、なんとなくある界隈の話なんかを思い出すわけです。
その界隈だと掲示板やブログ、SNSのアカウントをプライバシーモードにして、完全に身内で楽しんでいたり、ある程度公的な場では仲間内にしかわからない符丁でもって会話してたりするわけです。ああ、この人達は自分たちの好き、が他の人を不快にさせる可能性に敏感な人たちだったんだなぁ、というのを、肌でもって体験したのでした。

別に好きを語る時はその形式にしなければならない、って完全に方針転換したわけでもないのですが、好きな事を好きとはっきりと言うことが、いつでもいい方向に向くわけでもない、とも気付かされた、結構イタい経験だったのです。

ことアニメについては、好きを表明することは、嫌いを表明することよりもトータルで見ればプラスの面が大きいんじゃないか?とは思いつつも、じゃあ小数だったら冒頭のような人は切り捨てていってもいいの?とも思いつつ、いや、匿名で趣味でやってるブログやtwitterですらそこまで他の人に気を使わなければならないのか?とか、逆に匿名なら何言ってもいいのか?とか、いろいろと考えることはありつつも、とりあえず、今書こうとしている記事なり発言なりを見たら、人がどんな印象を抱くだろう?と想像力を働かせることだけはしていきたいなぁと思ったのでした。