読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

それでも僕は反応しない

個人のサイトやブログに反応があるという事は、管理人にとって大きな喜びであるということ - karimikarimi

むすび

というわけで、「個人のサイトやブログに反応があるという事は、管理人にとって大きな喜びであるということ」を私の立場から語ってみました。本編では語りませんでしたが、反応を得やすいツイッター2chまとめ及び半企業的サイトの隆盛で、個人ブログや個人サイトが日陰であると感じています。もし、あなたが、その個人ブログなり個人サイトを楽しんでいて、「なくなると悲しいなぁ」と少しでも思っているのなら、それを支える為に、何かしらの反応を示すのはいかがでしょうか?

書いてあることはとても良くわかり、私も反応があることのありがたさはある程度わかります。
では私が今面白いと思っている個人サイトやブログにもっと反応するようになるかといえば、多分ならないでしょう。

億劫さ

サイトやブログ毎に違う形になっているコメント欄を探し、名前を入力し、必要ならばメールアドレス、タイトルを入力して内容を書く。この行動がどんなに億劫か、わかる人にはわかるのではないでしょうか。サイトのURLをコピーして、どこか別のところで言及するのも、よっぽどの情熱がないとなかなかやる気にもならない気がします。

上手く伝えられない自分の感じたモノ

そのサイトで感じた楽しさ、驚き、感心、感動。どれもとても貴重な体験ですが、それを文章にしてみたら、大切なモノがごっそり抜け落ちてしまっているように感じたことはありませんか?
文章を書くのは誰にでもできること。そんな認識はあるかもしれませんが、自分の感じたものをその通りに書ける人は、個人的にはそんなに多くないように思います。
自分の感じたモノをありのまま伝えようとするのに、どうしても色あせたものになってしまう。
その色あせたように感想を、それでいいや、と送信ボタンを押すのは、それはそれでなかなかしんどい行為に思います。

自分の感想がそのサイトの完成度を下げてしまう恐怖

いくら作者が感想が欲しいといっても、どこの誰とも知らない自分の感想では「釣り合っていない」と萎縮してしまう人はいませんか?
自分を感動させてくれたモノに、「面白かったです」とだけ書き込むことが、逆にそれの完成度を下げてしまうのでは、と恐怖してしまうのです。
いくらサイトの管理人が奨励しようとも、他の閲覧者の目が気になって、どうしても書き込めない人もいるんじゃないかと思います。

そこそこのモノに反応するには億劫で、とても面白いモノには萎縮してしまう。個人サイトを見に行っている人には、そんな気持ちがあるように思うのです。

じゃあ反応を期待しない方がいいのか?

それもありですし、反応をしやすいモノを作ったり、サイト自体を反応しやすいものにするのもありだと思います。
記事や絵のすぐ下に「あなたの感想が励みになります!是非コメントしてくだい!」の文面&コメント欄を用意したり、コメントでなくても良いなら、「面白かったらポチッと押してください」なんて文面&いいねボタンやウェブ拍手といったボタンを設置したり。
あるいはもっと直接的に、書くものを小分けにして「コメントが3つ以上ついたら続きを書きます」とか、「リクエストがあればそれについて書きます」とか。
これなら反応を書く大義名分もありますし、テーマもはっきりしているので書きやすいんじゃないでしょうか。

あるいは自分のサイトではなく、反応をもらいやすいサイトで書くとか。動画やイラスト、漫画あたりならニコニコ動画あたりは反応もらいやすそうですし。

この辺についてはそこまでして反応をもらいたくない、とか、自分のサイトでやりたい、とか、そもそも自分が欲しい反応は、そんな反応じゃない、とかいろいろあるんじゃないかな、と思います。
ただこの辺を一度考えてみると、「自分がやりたいことは何なのか」「自分が欲しいものは何なのか」「自分がやりたくないことは何なのか」はっきりしてくるとおもいます。
そうすれば、反応がないのに無理して自分のサイトで続けていたけど、もっと反応を貰えるところで書いた方が楽しくていいモノが書ける、だとか、反応がなくとも、自分はこの方法でやって行きたい、と迷いがなくなったりするでしょう。もちろん、反応がないし、反応を催促するようなことも、自分以外のサイトでやるのも嫌だからやめる、というのもありです。

結局のところ

自分は感想や反応といったものを「作者に頑張ってもらうために」書くものであって欲しくないのです。
まぁkarimikarimiさんの記事も、そういったニュアンスではなくて、面白いと思ったら、素直にそう書いて欲しい、って話だと思うんですけど。
「やりたくなったら」「やりたいように」感想書いたり、反応するのが気楽でいいなぁと思うのです。
なのでサイトの管理人が望むなら、サイトを見ている人が「反応したくなる」ように誘導する、あるいは「反応したくなる場でやる」のが、読者も管理人も幸せなのかなぁなどと思うのでした。