読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

俺TUEEE小説「人間失格」

先日Amazonを見ていたらこんなものを見つけまして。

こちらの「こころ」、電子書籍ではありますがなんと無料!
一流のブロガーとしてブイブイ言わせているalphabateですが、一般の人も名前は知っているであろう小説を読んだことはないのはどうなの? と常々思うところが無きにしも非ずでした。
そこにこのKindleストアの無料本。
私はkindleの端末は持っていないのですが、iPhoneにもkindleアプリを入れられるということでそちらもダウンロード&インストール。
Kindle - AMZN Mobile LLC
Amazonのアカウントと連携させてさっそくこの「こころ」から読み始めました
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。でも「こころ」ネタは出てきたしね♪
比企谷八幡列伝 - 藤四郎のひつまぶし

で、こちらの人間失格も読みました。

この人間失格があまりにも俺TUEEEEE小説だったのでこれは書き残しておきたいと思ったのです。


この小説の主人公は一応「私」になっているのか、はしがきとあとがきで「私」が登場してつらつら語るのですが、大部分は「私」が大庭葉蔵のかいた手記を読む形になっています。

この人間失格、私は最初ムカムカして読んでたんですよ。葉蔵は恥の多い人生を送って来ました、って言ってますがリア充自慢話にしか見えないんですから。
つれーわー、周りの人には面白い奴だって思われて、勉強もチョロくて、女の人にもモテモテだけどこんなの何が楽しいかまったくわかんねーしつれーわー、みたいなテンションがずっと続く。
こんなどストレートな地獄のミサワ小説初めて読んだよ! この頃の小説はこーゆーの多いのだろうか?

いや、集英社文庫で小畑健のイラストが使われた理由もわかります。DEATH NOTE夜神月みたいですもん。
夜神月は自分以外の評価がめちゃくちゃ低かったですけど、葉蔵は自己評価も低い、ってところが違いますけど。


で次第に笑えてくる。
だって中盤以降、女をとっかえひっかえするところとかひどすぎるから。

例えばこの葉蔵、世話になっている知り合いのところからふいっといなくなる。
そんで男の友人のところに身を寄せてる。しかし失踪していたことがその友人にバレて、知り合いのところに戻されそうになる。
その時たまたまその場にいた友人の仕事相手の女のところに転がり込む。

友人に失踪のことがバレて、女のところに転がり込むのにわずか1ページ。

なにこれ。
超展開じゃねえか。
伊藤誠だって二度見するわ。

そんな展開をゲラゲラ笑いながら読んでいくんですが次第に気分が沈んでくる。
さすがに読んでいて痛々しくなってきて。
酒に溺れてクスリに溺れ、精神病院にぶちこまれて、そこから引き取られたと思ったら最後は世話役の老婆に犯されてうんぬん、って感じで話が終わる。

なにこれ。
鬱展開好きもあまりの悲惨さにドン引きですわ。

そんな感じでかなり感情を揺さぶられる面白い小説でした。
iOSやアンドロイド端末ならkindleアプリで見られるでしょうし、それ以外のものでも青空文庫を読めるアプリ、なんならtxtファイルさえ表示できれば無料で読めるので、興味があったら読んでみてはいかがでしょうか。

青空文庫 Aozora Bunko

次はネコの擬人化小説として名高い「吾輩は猫である」を読んでみたいとおもいます。
12月に放送終了、続編が決定している「K」でもセリフが引用されている今につながる作品です。
どんな萌えキャラが出てくるか楽しみです。

あと関係ないのですが、人間失格のこの商品を買った人はこんな商品も買っています、にこんな商品が一番最初にあったことを付け加えておきます。