読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

咲-saki-の全国高校生麻雀大会を正月に放送するために


お正月に駅伝を見ていました。
今年もいろいろなドラマが繰り広げられていましたね。
往路では中央大学城西大学が5区でリタイア。
復路では9区で明治大学が明らかに調子を崩し、あわや途中棄権かと思われる場面や上武大学が繰り上げ前になんとかタスキをつなげる場面などがありました。

今回は咲-saki-の全国高校生麻雀大会がどうすればこの箱根駅伝からお正月の恒例行事の座を奪えるかを考えてみたいと思います。

箱根駅伝と全国高校生麻雀大会の類似点

箱根駅伝と全国高校生麻雀大会には幾つかの似た部分があります。

まず団体戦でありながら各場面では各校1人ずつ競技をしているところです。
各校複数の選手が競技をするスポーツでは、把握しなければならない選手の動きが多すぎます。
それに対し各校一人ずつというのはわかりやすいです。
この大会に至る逸話などもあれば感情移入をしやすくなるでしょう。

さらに各選手の勝ち星制ではなく、各選手のタイム、得点を総合して順位が決まるところも似ています。
これによって選手ごとの結果では負け越しても、少数の圧倒的に強い選手がいれば優勝が可能となります。その逆も然りです。

またこの各選手の記録を総合するというしくみは、1人がリタイア/トビという結果になると残り全員が巻き添えになるという特徴もあります。
これによってどんなにひどい状況でも他の選手に迷惑をかけないためには競技を続けねばならないという選手の尻を叩く効果があります。
また視聴者としてもその気持ちがわかるので、フラフラになりながらも競技を続ける選手をみて楽しむことができます。

そしてお正月のテレビ番組として成り立つ十分な競技時間の長さがあります。
駅伝は往路・復路それぞれ6時間程度の放送時間。咲の全国大会も1試合は5人半荘2回ずつ、半荘を1時間とすれば計10時間と箱根駅伝の総放送時間とそれほど変わりありません。

最後に選手が寒そうなのがあります。
駅伝はその競技の性質上、下半身は短パンで寒そうです。上半身も動きやすさのためにランニングなどをユニフォームにしている大学も多いです。
それに対し咲の全国高校生麻雀大会はだいたいの選手が履いていません。
この外がクソ寒い中、こたつにはいってぬくぬくしながら選手たちがクソ寒い格好で競技をしているのを眺められるのは、視聴者にとって至福の時間と言えるでしょう。

全国高校生麻雀大会が有利な部分

咲の全国高校生麻雀大会が駅伝に比べて有利な部分はなんといっても逆転の可能性の高さでしょう。
どんなに差が開こうとも、大将の半荘後半戦、南場の親が終わるまでは連チャンによって十分に逆転の可能性があります。
それが終わっても6万点差ならば役満直撃という確率は低いものの逆転の可能性はありますし、2万点程度ならば跳満直撃、倍満ツモなどの現実的な逆転の可能性が残ります。
これは10区にタスキが渡った時点で下位のチームはほぼ優勝の可能性がなくなっている駅伝にはない長所でしょう。

箱根駅伝が強い部分

箱根駅伝はシード権争い、繰り上げスタートなどの上位以外でもいくつかドラマを作る要素があるのは強いです。
今年の箱根駅伝でも上武大学が繰り上げになるかならないかなどはわりと盛り上がった感があります。
それ以外にも28年連続で獲得していたシードを失い、予選会から参加した日体大が優勝するといった地獄から這い上がってきた感も面白いものがありました。
また出場校が20校と多いところも、波乱が起こりやすく、ポイントが高いと言えるでしょう。

全国高校生麻雀大会が箱根駅伝を超えるコンテンツになるために

まず時間的にお正月に放送できるのは決勝戦だけになるので、その場合出場できるのが4校では少なすぎます。
ここは4倍の16校で4倍の牌を使って麻雀卓を囲むことにしましょう。
かかる時間が4倍になるので、各選手半荘2回は東風戦1回に短縮します。

またこれだと上位争いに絡まない高校のドラマが少なくなるので最終結果8位までに決勝戦のシード権を与えます。
これによって中盤の順位争いも見ものになります。

そして持ち点を10万点から下げます。2万5000点か5万点がいいでしょう。
これによって下位は飛び終了の危険が高まり、下位争いも苛烈なものになります。
特に大将戦に回せるか回せないかの副将戦や、先鋒で一気に点を失ったりして残りの4人が打てるか打てないかといった状況になったときは盛り上がることでしょう。

なお、飛びは飛んだ高校が卓を離れるだけで、それ以外の高校は続行というルールが良いと思います。
さすがに大将戦を見ずに結果が決まってしまうのは興ざめですし、場合によっては1日目で試合が終わってしまいますから。

部屋の暖房は切ります。そして途中退席は棄権とします。
これによって寒さと尿意に耐える女の子たちが見られるはずです。