藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

ある作品が車輪の再発明かどうかは受け手によるんじゃないかなー

@FXMC とくめーさんという方のツイートがRTされてきたのでちょっと思ったところ。

まおゆうの、中世のファンタジーに現代の知識が云々ってところからの話です。
まおゆうは先日アニメの放送が始まった、2chに連載形式で投稿→書籍で出版された小説(でOKなはず…)。

魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」まとめサイト

中世ファンタジー、というか魔王と勇者って名詞からも分かるように、どちらかと言うと和製RPGゲームのメタ的な要素が強いと思っています。
勇者が魔王を討伐しに行ったら、そこにいたのは現代の知識(と言うより中世から現代までの知識?)を持った魔王で、その魔王に協力を持ちかけられて世界を変えていく…みたいな話です…かね? 間違ってません? 大丈夫? ファミ通を出版しているエンターブレインだよ?

とくめーさんは車輪の再発明って言い回しを使っているので、まおゆうに対して、昔すでにやってることなんだからあんまり意味ないんじゃない? 的な姿勢を感じました。
ですが私はあるジャンルで一度盛り上がり、その後廃れたモノを別のジャンルで持ち出すこと自体には否定的な態度持つことはないかなーと考えています。
その考えの中心には、作品を単体ではなく、読者、視聴者ら受け手の存在込みで捉えるとまた違った側面が見えてくるんじゃない? って思いがあります。

私の考えるいい作品の要素の一つに、受け手を満足させる、というのがあります。
強大な敵を打ち倒す爽快感ある作品、何も考えずにゲラゲラ笑える作品、緻密な設定に唸らざるを得ない作品、切ないラブストーリーに胸が締め付けられる作品。
受け手によってどの作品に満足感を感じるかは違いますし、同じ構造の作品であっても、受け手が違えば満足感も違うでしょう。

想像でしかありませんが、架空戦記は歴史に興味がある人が主な受け手になるかと思います。
それに対してまおゆうはドラクエなどの和製RPGに慣れた人が主な受け手に想定できます。

たとえ架空戦記というジャンルで一昔前に見られて今は下火になっている構造の作品であっても、これまでの受け手とは違う受け手に提供するのであれば、満足感を与えられる可能性は十分あると思います。

ちなみに私はまおゆうは車輪の再発明とはちょっと違うかな、とも考えています。
むしろiPhoneに近いかな、と思っているぐらいです。

iPhoneは革新的な携帯電話として語られる側面もありますが、技術面に関していえばそこまで革新的なものを使っているとは言い切れない面もあります。
タッチパネルはiPhone発売当時、携帯端末で使われることこそ少ないものの、ATMなどで見慣れた技術でもありました。
2本以上の指で操作するマルチタッチすら技術的にはすでに実用化されていたといっていいでしょう。
サムスン「ピンチしてズームなんてiPhoneの前に三菱の研究所がやってる」(動画) : ギズモード・ジャパン
またタップ、スワイプといった操作に付随するアニメーション、これも単体ではすでに確立した技術であったことは言うまでもありません。

iPhoneは携帯電話の受け手の満足度を考え、これら既存の技術を組み合わせて適切な受け手に届けたところがヒットの原因と言ってもいいと思います。
iPhoneはどこがすごいのか(第1回)――技術革新より外観や操作性を磨く - スマートフォン - Tech-On!

このiPhoneの話ですが、まおゆうにも当てはまるのではないでしょうか。
魔王と勇者という和製RPGの象徴と捉えられているものに、未来の知識という要素を組み合わせて、和製RPGの受け手に提供したと考えると。

というか小説だともしドラに例えた方がいいかもしれませんね。

ドラッカーのマネジメントという敷居の高そうな本と、野球、女子高生という要素を組み合わせて、ドラッカーを読んでない層に切り込むという*1
もしドラについて、その話はドラッカーがマネジメントでもうやってるよ、っていう人はいませんよね*2。対象とされる受け手はもちろん、もしかしたら楽しみ方すらも違っているかもしれないんですから。

あと他のジャンルでは廃れたテーマでも、違うジャンルでは普通に通用する場合だってあります。
「え、乗用車の素材ってまだ鉄主体なの? 旅客機ではアルミ合金が基本だし、カーボンとか複合素材も使われ始めてるんだけど?」
みたいなことを言ってもあんまり意味がない気もします。*3
だって大量生産と再利用・廃棄を宿命付けられた自動車と、寿命が長いが軽さを重視している航空機では前提条件が違いますから。

架空戦記とまおゆうもわりかし受け手に求められているものは違うんじゃないかなーと。

なのでまおゆうはまおゆうで、受け手に合わせた作品をやってくれればいいんじゃないかなーって思ってます。
何気に魔王が可愛いみたいな話をチラホラ聞いてますし。ほら、監督がヨスガノソラの高橋丈夫監督じゃないですか。
狼と香辛料のホロも良かったじゃないですか。
僕Hもエロかったですよね。
楽しみです。

つーか現在地が田舎なんでアニメまだ見れてないんですよね…。
原作も途中までしか読んでないし。

的外れなこと言ってたらコメントなりで教えていただけるとありがたいです。

まおゆう魔王勇者 (1) [Blu-ray]
まおゆう魔王勇者 (1) [Blu-ray]

*1:受け手の受け取り方についての話です

*2:内容についてはドラッカーを読んでないのでノーコメントで

*3:自動車と航空機の今の素材の主流違ってたらごめんなさい