藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

シンシアニメ第4号は初心者にもとっつきやすい紙面づくりだった

私も原稿を載せてもらったシンシアニメ第4号。
コミケ三日目、12/31にブースを訪れました。
ただその前に1時間以上の行列に並んだ関係もあって、ブースにたどり着いた時点で帰省の新幹線の時間にギリギリ。
「あれ、買って行かないんですか?」みたいなウィットに富んだジョークに、血走った目で「え、もらえるもんだと思ってたんですけど、もらっていいですよね? もらいますよ」と半ば強奪するように回収。

その後新幹線の中で第4号完売の報を聞き、果たして自分の行動は正しかったのだろうか。本当は買ったほうが良かったのではないかなどと思いながらシンシアニメ第4号のレビューをしたいと思います。

【冬コミC83】シンシアニメ第4号【お知らせ】 - シンシアニメ
* アラジンのからだはふしぎがいっぱい! たかなし とおる
平易な文章で、本書の導入としてとても入りやすいものになっていたと思います。
それでいてアラジンの性別についてアニメの各描写を的確に拾い上げて鋭い考察がなされており、他の原稿に決して引けをとらない内容には驚嘆するばかりです。
あとウ○○とウ○○の関連についての指摘は目からうろこでした。

* 曖昧な存在 The Subtle Body──アラジン試論 たそがれ
たかなしさんの原稿とは一転、しっかりした文体でアラジンの男性性、女性性について細部まで目を凝らした文章はうならざるを得ませんでした。

* 声優天使論 一──声優を天使と呼ぶとはいかなることであるのか? 中二病でも変がしたい†
宗教に対する知識や教養を深められる、アニメ評論としてはなかなか珍しい文章ではないでしょうか。

* ある日の声優ラジオより 第二回──あの日真礼ちゃんが嗅いだ足の爪のにおいを僕達はまだ知らない。 檸檬苦悩
読んでて爪という文字がゲシュタルト崩壊してきました。

* 乳揺れの基礎研究 alphabateジャムミックス!藤四郎のひつまぶし
私の原稿ですね。特に述べることはありません。

* 〈公募原稿〉ナンバーワンホストが教えるナンパ即ハメ術 天牙(ナンバーワンホスト)
こちらタイトルに偽りありというか、ナンパについての描写が弱くてちょっと思っていたのと違った印象がありました。
いろんなタイプの女性の落とし方を述べているのですが、そもそもどうやってそれらの女性と知り合い、タイプを判断するのかという部分についての言及がやや少ないように思います。
しかし実例をあげての落とし方はシンシアニメ編集勢による実証もあってなかなか有用なようです。
本書で一番実用性がある文章といえるかもしれません。

* 〈公募原稿〉便所的リアリズムについて tatsuzawa東京郊外日記
シンシアニメとサブカルチャー界隈、批評界隈を接続する原稿といっていいでしょう。
たかなしさんの原稿とは入り口が違いますが、シンシアニメの入門編として上記の界隈の方々に薦めたい文章だと思います。

* 麻雀をする女の子はなぜ服を脱ぐのか? やっさんSpiral Starry Sky
冒頭脱衣麻雀について述べられていたので、さっさと咲について述べろよ! と思った私の浅はかさをすぐに恥じることになりました。
脱衣麻雀から咲、ヨルムンガンドに通底する理論の構築には脱帽です。

* 反省文 Peace-AK水の音、無形の雫
とても反省していることがわかる文章です。
しかしPeace-AKさんの下半身事情と原稿を落としたことの因果関係はよくわかりませんでした。

* 陰毛アニメ万毛鏡〜最終章 『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』と陰毛の埋葬〜 小鳥遊徹
基本的にシンシアニメの執筆陣の原稿はははは、と笑いながら読むことが多いのですが、毎回小鳥遊さんの陰毛については理解ができなくて、この人本当に大丈夫だろうかと心配になります。

読み終わってみるとシンシアニメ第4号は小説が2本あった第3号と比べてもバラエティーに富んだものだったと思いました。
その上入門編ともいえる原稿が2つもある本書は、シンシアニメ初心者にもおすすめできる仕上がりになっていると思います。
完売ということで再販の可能性はあまり高くないかもしれませんが、もし入手の機会があれば触れてみて損はないかと思います。