読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

直球表題ロボットアニメには完全にしてやられましたよ…

直球表題ロボットアニメはバリバリのロボットアニメ…なのですが、それ以上に「笑い」をテーマにしたアニメでした。
直球表題ロボットアニメのアニメーションはMikuMikuDanceという無償公開の3DCGムービー製作ツールで作られたもの。
gdgd妖精sを知っている人にはあんな感じの雰囲気を女の子型ロボット(アンドロイド)でやっている雰囲気というとわかりやすいでしょう。
あるいはロボットとギャグという部分に注目すれば、ディズニーが作ったアニメ、ファイヤボールに似た感じ、と言うとイメージしやすいかもしれません。


この直球表題ロボットアニメの最終回には完全にしてやられました。

直球表題ロボットアニメには『設定』と『定番のフォーマット』があります。

設定というのは大きくふたつ。
一つは舞台が人間が死に絶え、残されたロボットたちが戦争をし続けているという世界というところ。
もう一つがその舞台で非戦闘用ロボットの三人(三体?)が、笑いの緊張を緩和する効果で戦争を終わらせようとしているところ。

定番のフォーマットは1話が大きく三つに分かれているというもの。
1つ目がAパート。毎回違った笑いの要素について三人が漫才的、コント的トークをするというもの。
2つ目がBパート冒頭。シミュレーションという名目で、シリアス調のOP映像に毎回笑いに関する定番ネタを加えて新しい映像を作るというもの。
3つ目がBパート後半で声優三人の絵を元にしたモノボケコーナー。最初に声を収録して後から絵をつけるという、gdgd妖精sを知っている人ならアフレ湖に似たコーナー。

『直球表題ロボットアニメ』はこうして作られた! スタッフに聞く! - ニュース - アニメイトTV はてなブックマーク - 『直球表題ロボットアニメ』はこうして作られた! スタッフに聞く! - ニュース - アニメイトTV

――『gdgd妖精s』もそうでしたが、『直球表題ロボットアニメ』後半の「物ボケ」のコーナーが独特だと思うのですが、アフレコはどのように行なっているんですか?

石舘さん:台本のないパートに関しては『gdgd妖精s』のとき同様、バラエティ番組やラジオ番組の演出方法で収録しています。それぞれキャストさんと個別に打ち合わせをさせていただいて、そのキャラクターが言いそうなイメージのボケ案はこちらでいくつか用意してお渡しし、それをそのまま言っていただいても良いですし、アレンジしていただいても良いですし、演者のみなさんが他に思いついたらアドリブで出していただく、というスタイルです。なので現場にスケッチブックとペンを用意して、イラストや説明を描いてもらいながら収録をしています。

そんな直球表題ロボットアニメはアニメにバラエティの要素、ラジオ番組の要素が加わった一風変わった作風であり、気軽に楽しめるアニメでした。

それが最終回では『笑い』というテーマはそのまま、『定番のフォーマット』と同じ舞台で、『笑わせる』ことを目的としない、全く別の作風を持ってきました。

この最終回はまったくの飛び道具に思えたのですが、同時に12話までの『設定』を『物語』まで引き上げたように感じました。
EDのテロップで最後に来る見慣れた文面が、それまでと全く違った見え方がするところも、本当にしてやられた、って感じです。

スタッフのインタビューを読むと割と最初から仕組んでいたように思える部分があります。

『直球表題ロボットアニメ』はこうして作られた! スタッフに聞く! - ニュース - アニメイトTV はてなブックマーク - 『直球表題ロボットアニメ』はこうして作られた! スタッフに聞く! - ニュース - アニメイトTV

――先に進むとストーリーラインがあるということでしょうか?

石舘さん:う〜ん、どうかな?

福原さん:これも普通のアニメの作り方と違うんですけど、台本も最後までできてないんです(笑)。

石舘さん:だって、第8話と第9話は今朝あげたところですからね!

ただ完全に仕組んだものをそのまま最終回にしたわけではなく、物語途中でアドリブを拾って最終話の印象的なところに使っているのも見逃せません。

第7話のモノボケコーナーで出たあるアドリブが最終話に組み込まれているのです。

1クールアニメという短い期間で制作しているものなのに、狙いすましての仕掛けに加えて作中のアドリブというライブ感まで加えてくる。
gdgd妖精sでもアドリブコーナーで話題になったキャラが同クール内で再登場するという展開はありましたが、シリーズ通しての仕掛けにまで食い込んでくるとなればまた感じ方も違います。
ほぼ全編アドリブで構成されているコーナーがあること、製作期間が比較的短く済んでいること、全話の脚本を作る前に音声の収録や映像を作成するというちょっと変わった制作体制であることなどの独自性が発揮されてるなぁと思います。

『直球表題ロボットアニメ』はこうして作られた! スタッフに聞く! - ニュース - アニメイトTV はてなブックマーク - 『直球表題ロボットアニメ』はこうして作られた! スタッフに聞く! - ニュース - アニメイトTV

石舘さん:いまはCGを使えば「こんなに簡単にアニメができるんだ」って時代が来ているんです。MMDは身近ですよね? もちろん手描きのちゃんとした30分のアニメに敵いませんけどね。例えば『少年週刊ジャンプ』という雑誌のなかで、一番最後の4コママンガのページ、『直球表題ロボットアニメ』はあんな感じのアニメだと思っていただけるといいかもしれません。気の利いた箸休め的なアニメになれれば嬉しいです。

――制作を決定したのは何年くらい前ですか?

福原さん:半年くらいじゃないかな? 「やろうよ」って話になったのは2012年8月くらいで、具体的に固まってきたのは10〜11月くらいです。

石舘さん:そのころ僕は別件で、脚本と演出でショートアニメを2本やっていたんです。しかも11月に舞台も決まっていたものですから、あのころは本当に時間がなくて動けなかった。けっこうバタバタで、実際に動き始めたのは10月くらい。なので年末進行忙しい時期に台本を2本だけ書いて、11月の頭に初回収録です。そこから2日で僕が音声を編集して、映像をつけてなんとか第2話まで完成です。

福原さん:そんな調子で、いまは全12話中、6話目まで終わりかけてるかなって感じですかね!?(二人を見る)
※インタビューは、放送前の1月末に実施。

引用したインタビューを始め、サブコンテンツの活字放送ロボットラジオなんかにもネタが仕込んであったりします。

文字だけなのにラジオ!? 『活字放送ロボットラジオ』 第1回 - ニュース - アニメイトTV はてなブックマーク - 文字だけなのにラジオ!? 『活字放送ロボットラジオ』 第1回 - ニュース - アニメイトTV

このしっかりした仕込みとそれを感じさせない作品の作り、そして最後に一気に仕掛けを開放した手腕とかなり感動しました。
1話15分と通常の半分の時間で見ることができるアニメなので、見ていない人にはぜひ見て欲しいです。

あ、あとテレビ放送だけ見ていた人は最終話、12話が配信版では12.22話とちょっと追加部分があるので、ぜひ配信版でも見てほしいです。

直球表題ロボットアニメ vol.1[CD付] [Blu-ray]