読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

お姉さん層まで取り込むジュエルペットハッピネス

以前ジュエルペットシリーズの顧客について考えた記事を書いた。
結論から言うとジュエルペットサンシャインは女の子に加えて親も取り込もうとし、ジュエルペットきら☆デコッ!は男の子も取り込もうとしているという記事だ。
その小さい女の子以外の顧客を取り込もうとする流れは、4月から始まったジュエルペットハッピネスにも受け継がれているのではないだろうか。

ジュエルペットサンシャインは平成仮面ライダーの成功から学んでいる - 藤四郎のひつまぶし はてなブックマーク - ジュエルペットサンシャインは平成仮面ライダーの成功から学んでいる - 藤四郎のひつまぶし

土曜の朝に子どもが見ているテレビアニメ。しかし一緒に見てみると、どうやら懐かしの番組のオマージュがたくさん出てくる。
そうなれば親は懐かしい気持ちで、子どもは新鮮な気持ちで、一緒にテレビを見ながら笑うことができる。
この女の子と親が一緒にテレビを見るのは、ジュエルペットサンシャインモデルと言ってもいいのではないか。

この女の子以外でも楽しめる作品作りは、ジュエルペットサンシャインの次回作、ジュエルペットきら☆デコッ!でも取り入れられている。この作品では、戦隊物ヒーローの要素を取り入れ、女の子だけでなく、男の子も楽しめるように工夫されている。これによって、女の子と男の子が一緒の番組、一緒のおもちゃで楽しめるのだ。
これは少子化の影響で、女姉妹がいない、女の子の友達がいない、という状況へのアプローチの一つだろう。
これも一つのモデル、ジュエルペットきら☆デコッ!モデルと言っていいだろう。

ジュエルペットサンシャイン、きら☆デコッ!が親、男の子を取り込もうとしていたならば、ハッピネスは幼女からお姉さんまで広い年齢層を取り込もうとしているのではないだろうか。

ジュエルペットハッピネスで特徴的に思えるのはお店経営、占いといった要素、そしてイケメンの男キャラが4人も出てくること。
これらは幼児だけではなく、JSやJCやJK、そしてお姉さんたちにも訴求力がある要素だろう。

ジュエルペットたちの単純な可愛さとお店経営は幼女からJSぐらいの女の子までを夢中にさせるだろう。

主人公の中学生の女の子たちがちょっぴり大人の高校生の先輩に憧れる姿は、主人公たちと同じJCかそれより下のJS、背伸びしたい年頃の女の子にはぴったりだ。

そしてそのちょっぴり大人の高校生であるイケメン4人のうち3人を細谷佳正さん、福山潤さん、木村良平さんらの男性声優が演じている。
どなたも複数の主役級の役を演じている人気の声優さんといっていいのではないか。
声優までチェックする層になかなか訴求力があるように思う。

しかもイケメン4人はかっこよく、ハイスペックながらどこか抜けているところもある。
JKからはちょっと手を伸ばせば届くような距離感、それ以上のお姉さんからすれば守ってあげたいと思う存在かもしれない。
またそんな4人がつるんでいるところを見ると妄想の余地が随分あるようにも思える。

この幼女からお姉さんまで、女性のかなり広い年齢層に対応できる布陣がジュエルペットハッピネスモデルといえるのではないか。

近年アニメの視聴者層の広がりとは逆に、ゴールデンタイムからアニメが枠移動したり、深夜アニメの内容がディープなファン向けになったと言われたりしている。
そんな中でジュエルペットシリーズは多くの視聴者層に向けてアニメを届けようとしているシリーズと言えるのではないだろうか。

ジュエルポッドダイアモンド ピンク
ジュエルポッドダイアモンド ピンク