読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

俺ガイルアンソロジーともろもろの話

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。コミックアンソロジーという作品が発売されておりまして。

自分としては参加している作家さんに知っている人がいなくて、買うかちょっと迷っていたのですが、本屋で見かけるたび迷っていたのが精神衛生上良くないと判断して買って読んだのでした。

で、読んでみれば結構好きな話があるわけです。
雪ノ下が由比ヶ浜に本をプレゼントしたことから始まる新井テル子さんのBasking in…という話は、本をよく読む人と読まない人の違いや2人がお互いを大事にする気持ちがすごい良い感じでした。
葉山隼人の制服の盗難事件から始まる夏目系さんのやはり犯人はこの中にいる。も本編のとあるエピソードをふくらませていてニヤリとできました。
あと吉北ポプリさんの、そして比企谷八幡はおかしな方向へ進んでいくも戸塚と小町という変わった組み合わせが印象的だったり。

ただ、一冊を通して読んで、このキャラこんなこと言うかな? こんな行動するかな? と思うところが皆無だったわけではありません。
この辺、前にアニメでは原作と違ってても面白ければいい、みたいなこと書いておきながらなんですけど。
メディアミックスの原体験と原作改変を忌避するか否か - 藤四郎のひつまぶし はてなブックマーク - メディアミックスの原体験と原作改変を忌避するか否か - 藤四郎のひつまぶし

いや、実際原作と違う部分があっても面白ければ問題ない、ってコミカライズをこの前読んでいたので、あくまで自分と合わない作品が、自分の中での原作の雰囲気とは違っていただけ、って話なのかもしれませんけど。
とにかくすごい勢いのオリンライジング! - 藤四郎のひつまぶし はてなブックマーク - とにかくすごい勢いのオリンライジング! - 藤四郎のひつまぶし

そしてふと、キャラが違和感のある行動をしたのが、原作者が手がけた作品だったら自分はどう思うんだろう? などとも思いました。
多分疑問は覚えながらも、そういうもんだ、って流すかもなーとも思うのです。
自分としては公式とか、原作者が関わってるとかそういう情報で作品を見る目違うかもなーと。
ただ実際に原作者が手がけた作品の方が矛盾や違和感は起きにくいわけで、あまり意味のない仮定ではあるわけなんですが。

最近はインターネットで情報がわりと簡単に集まることもあって、いろんなメディアミックス展開を見ることが多いです。
自分は好きな作品のメディアミックスを追うことが少なくないのですが、そのたびに原作通りにやっているか「だけ」で面白さを判断してたらもったいないなーとは思うところです。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 コミックアンソロジー (DNAメディアコミックス)
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 コミックアンソロジー (DNAメディアコミックス)