読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

艦これ秋イベント『決戦!鉄底海峡を抜けて!』サーモン海域最深部クリア&阿賀野探し完了


艦これの秋イベント海域で、アイアンボトムサウンドに引き続き、最終海域、サーモン海域最深部、通称E-5をクリアした。

艦これ秋イベント『決戦!鉄底海峡を抜けて!』アイアンボトムサウンドまでの攻略メモ - 藤四郎のひつまぶし はてなブックマーク - 艦これ秋イベント『決戦!鉄底海峡を抜けて!』アイアンボトムサウンドまでの攻略メモ - 藤四郎のひつまぶし

またその後イベント海域を周回し、しばらくは入手方法がイベント海域でのドロップのみであろう阿賀野を入手した。

その状況を書き残して置こうと思う。

E-5攻略下準備

秋イベントにピッタリの2-3潜水艦周回&長距離練習航海演習

E-5を突破するために活躍した艦娘たちは、基本的にはE-4までの状況と大きくは変わらない。
しかしある艦種だけ重点的にレベルを上げた。
それは潜水艦。

E-5は疲労回復の観点から削り用艦隊(金剛型×2、重巡×2、雷巡×2、雷巡はトドメにも参加)と潜水艦4隻をローテーションさせる計画だった。
ただ潜水艦についてはあくまで疲労回復の待ち時間を無駄にしないための部隊であり、あくまでおまけと考えていた。
そのためLvが低くても良いと思っていた。

しかしE-4攻略後は資材がやや減っていたため、すぐにE-5を攻略するつもりはなかった。
なので資材が回復する間、低いよりは高いほうがいいだろうと潜水艦のLv上げを行った。

Lv上げは主に2-3を潜水艦3〜4隻で周回することで行った。
これには2-3が道中で資材、特に燃料が多く拾えること、各種任務をこなせる海域であること、潜水艦のみで十分にクリア可能なことなどに起因する。

資材についてはこの潜水艦での2-3周回と遠征の長距離練習航海演習を組み合わせることで、燃料と弾薬が良い感じに増加し、しかもイベント向けの高速修復材も手に入れられる。
このシフトを取る場合長距離練習航海演習を常に戦意高揚状態で行うのは現実的ではない。
そのかわり2-3でドロップした艦を遠征に組み込み、遠征終了後は補給せずに解体か近代化改修に使うと無駄がない。
特に解体すると鉄が多めに手に入るため、ボーキサイト意外の資材、つまり今回のイベントで欲しい資材がひと通り集めることが可能となる。
まるで今回のイベント用に調整されたかのような組み合わせといえるのではないだろうか。

資材のみが目当てであれば、1隻や2隻で回ることも選択肢にはなり得た。
しかし2-3を潜水艦のみで回る場合、1隻はもちろん、2隻でも割と敗北すると考えていた。
これが3,4隻いれば開幕魚雷でいい具合に敵艦を減らしてこちらのダメージを減らせ、さらに相手に与えるダメージも増加する。
これにより戦術的勝利が取りやすくなっている。
2隻で周回してもイベント海域に参加できる勝率75%を切るほど敗北を重ねるとは思えなかったが、それでも敗北数がむやみに増えることは潜在的なリスクを増やすと考えられる。
また今回は潜水艦のLv上げというサブ目的もあったため、3,4隻での周回を重ねることにした。

任務と同時進行の戦意高揚

前回E-4は戦意高揚に結構時間をかけてしまっていたため、今回は任務と戦意高揚を同時進行でこなすという方針で時間の節約を図った。

南西諸島制海権任務での空母戦意高揚

南西諸島制海権任務について、今回は2-3を

(軽)空母流星改×4)
駆逐(or軽巡)×3
軽空母(烈風×4)
水母(15.5副砲など主砲、副砲×3)

を基本として回った。
流星改積みの(軽)空母の戦意高揚を狙っている。

2-3は途中撤退しなければ確定で2戦以上できる。
その状況で戦意高揚狙いの(軽)空母だけが開幕爆撃を4スロット分行うと大体MVPをとるため、1-1を回るのとほぼ同じ戦意高揚の効果を得られる。
資材的には1-1より消費量が多くなるが、任務を必ずこなす人であれば、ほぼいつもと同じ時間で任務と戦意高揚の両方をこなせる。

烈風積みの(軽)空母は制空権確保用、駆逐艦などは空母へのダメージ分散と一応レベル上げ、水母はボスルートに行く確率が増えるとの噂なので入れていた。

ただしこの編成ではボス、補給艦マスで、開幕爆撃を生き残った戦艦の攻撃を受け、被害がやや増えがちでもある。
入渠待ちの艦娘の数や時間と相談して、水母を入れなくてすみ、ダメージも押さえられるが2戦できる確率が高くない=戦意高揚しづらい2-2も検討すべきだろう。

敵潜水艦制圧+東方艦隊撃滅任務での金剛型戦意高揚

この2つの任務については、今回4-2を

金剛型(46主砲×2/32号電探/三式弾)
駆逐艦1or0(対潜装備×2/電探)
軽巡4or5(対潜装備×2/電探を1〜2隻、残りを20.3連装砲×3など)

といった編成で回った。

4-2は途中撤退しなければ3戦確実、3戦全てでMVPを取れば大体1-1を2周する分の価値がある。
戦艦は潜水艦に攻撃できないが、潜水艦マスでもお供の駆逐艦軽巡は基本戦艦が落とすことになるので、お供がいる場合のMVP率は悪くない。というか高め。

4-2は駆逐艦が2隻艦隊にいると上の渦潮ルートを通らなくなるようだが、渦潮ルートは潜水艦戦が確定、ボス行きの確率も渦潮ルートの分岐の確率がすべて50%だとすると75%と高いため、任務的にこちらのルートは捨てたくない。
そうなると渦潮での戦力低下を防ぐため、3隻以上の艦娘に電探を積みたい。
こうすると渦潮ルートでも渦潮での戦力低下なしで戦える(と思われる)。
(11/26修正)

4-2も1-1周回とくらべて資材的には消費量が多くなるが、南西諸島任務と同じく、任務を必ずこなす人であればいつもとほぼ同じ時間で任務と戦意高揚の両方をこなせる。

ただしこの方法は2-3以上に被害が大きくなりがち。
開幕爆撃も魚雷もない上に昼の火力が足りないことが多く、しかも自分の艦隊に戦艦がいるので砲撃戦2巡と被害が多くなりやすい。
渦潮ルートで4戦、しかも4戦目はボス戦、なんて状況だと過半数が中破〜大破、なんてひどい状態もザラ。
戦艦のMVPを奪わないまま敵を抑えられる編成がないか、もう少し探索の余地があるかもしれない。

演習で金剛型重巡戦意高揚

演習は相手次第のためあまり確実ではないが、狙った艦にMVPを取らせられる場合もある。
例えば1-1周回中などと思われるLv50以下の駆逐艦(+Lv1駆逐艦1、2隻)といった編成の場合、

金剛型
未改造駆逐艦軽巡)×5

といった編成なら金剛型がMVPを取ってS勝利できる可能性が高い。

この場合1-1周回ぐらいの戦意高揚を1戦で達成できるため、資材的にも時間的にも効率がいい。
また昼でS勝利できれば、すぐ外れてしまうとはいえ、お供の艦娘も戦意高揚状態になるため、1度大成功ねらいの遠征に使える。
しかも敵の旗艦のLvが30程もあれば600ぐらいの経験値は入り、損傷を受けることもないのでLv上げとして効率がいい。
駆逐艦のLv上げをしたいがあまり急ぎでもない、といった状況ならば、金剛型にほぼ確実にMVPを取らせられる&資材的にも時間的にも経験値効率がいい&大成功狙いの遠征に使えると一石三鳥と言えるだろう。


とまぁこのような戦意高揚にあまり時間を使わないような工夫をしていた。
ただし他の艦とくらべて圧倒的な火力があるわけでもなく、攻撃回数を増やせるわけでもない重巡についてはあまりいい方法が思いつかず、結局は1-1を周回することになったのだが。

艦隊状況

戦艦

削り用
霧島改 Lv82 46主砲×2/32号電探/三式弾
比叡改 Lv78 46主砲×2/32号電探/三式弾

決戦用
金剛改二 Lv80 46主砲×2/32号電探/三式弾
榛名改 Lv90 46主砲×2/32号電探/三式弾

道中、ボス昼戦の主役。安定してつよい。

航空巡洋艦/重巡

削り用
鈴谷改Lv56 15.5副砲×2/五連装酸素魚雷/33号電探
最上改Lv59 15.5副砲×2/四連装酸素魚雷/33号電探

決戦用
摩耶改Lv73 15.5副砲×2/艦首魚雷/32号電探
熊野改Lv64 15.5副砲×2/五連装酸素魚雷/32号電探

艦隊の縁の下の力持ち。
耐久力があり、夜戦攻撃力は戦艦を超えている…と思う。
33号を使っているのは削りまで含めた全員分の32号電探がなく、付替えが面倒だと思ったため。

重雷装巡洋艦

大井改二Lv97 甲標的/15.5副砲×2
北上改二Lv97 甲標的/15.5副砲×2

ボズ戦開幕雷撃での敵戦力削りと夜戦でのボスキラーを兼ねるボス戦の鬼。
甲標的、15.5副砲×2から繰り出される約100ダメージ×2の連撃は驚異的。燃費まで加味すれば若干引くぐらい。
道中やや損傷しやすい気もするが、中破していようが夜戦の火力は十分。

潜水艦

伊168改 Lv84 四連装酸素魚雷×2
伊19改 Lv54 四連装酸素魚雷×2
伊8改 Lv53 四連装酸素魚雷×2
伊58改 Lv79 四連装酸素魚雷×2

削り艦隊の戦意高揚が外れ、疲労するようになってから回復待ち時に出撃。
1戦目で大破しなければボスまで進撃できるのがありがたい。
ただし支援艦隊を出してもボスのHP=ゲージを削れない時が結構多いのであまりあてにはできない。

支援艦隊

削り用
空母:赤城改Lv69、加賀改Lv97、蒼龍改Lv57、飛龍改Lv82、瑞鶴改Lv96
軽空母:千歳航改二Lv88、千代田航改二Lv87、飛鷹改Lv72、隼鷹改Lv72
流星、流星改、彗星一二型甲のどれか×4

決戦用
戦艦:大和改Lv88、陸奥改Lv83、日向改Lv62、伊勢改Lv68
46主砲or41主砲×4

これに駆逐艦のLv40〜60程度から何隻か

全ての出撃で決戦支援艦隊を出した。
潜水艦艦隊ではボスを何度か削って貢献くれたものの、削り、決戦用艦隊では消費資材に対する貢献度はかなり低かった印象。
実際阿賀野探しでのE-5では、支援艦隊なしでもボスまで行けばA勝利は固く、S勝利も半分ぐらいとれていた印象。

しかし決戦用の戦艦の砲撃支援で敵の半分をふっとばす、かなりビビる威力が出たのは事実。

2013 DMM.com/KADOKAWA GAMES『艦隊これくしょん

そして補給で資材をふっとばす、かなりビビる数字が出たのも事実。

2013 DMM.com/KADOKAWA GAMES『艦隊これくしょん

E-5 サーモン海域最深部の攻略推移

海域に出撃開始してからの所要時間は2時間程度。攻略開始時と完了時の資材の差は燃-4773/弾-4506/鉄-2472/ボ-6714(ただし遠征で多少増加している)、高速修復材36個消費。
出撃回数は削り、潜水艦、決戦用合わせて14回、内ボス撃破5回、削り5回、ボス削れず(潜水艦)2回、途中撤退1回、ルートハズレ1回。
ボーキサイトが最大消費資材という驚きの事実。正直航空支援の無駄遣いであった。

サーモン海域最深部雑感

というわけで下準備も任務と同時進行であまり時間をかけたという印象がなく、攻略も苦労した感はなかった。
無駄があったとはいえE-4の方がキツかったという、わりと一般的と思われる感想。

阿賀野探し

そして攻略中にドロップしなかった阿賀野探し。
周回候補海域は昼戦で途中撤退率が低そうなE-3と、ボスA勝利でも阿賀野がドロップするという噂のE-5の2つ。

最初はE-3を資材消費少なめに回れるよう調整していき、辿り着いたのが
航巡  15.5副砲×2/魚雷/三式弾
重巡  15.5副砲×2/魚雷/三式弾
軽巡×2 20.3主砲×2/三式ソナー
雷巡×2 甲標的/15.5副砲×2

でボスは夜戦で撃破する戦略。航巡は左下の行き止まり回避用。
ただし微妙に道中、特に潜水艦で大破することがあり、しかも上ルートから下ルート経由で5戦になるとボスS勝利が難しくなる。
下の行き止まりに行くことも結構あり、ボスS勝利まで行く確率は体感で50%を切るくらい。
これは個人的にはちょっとストレスが溜まる状況だった。

と、そんな状況だったので、代替案としてE-5を検討。
E-5を攻略した編成で支援艦隊付けない場合の1週の資材消費をざっと計算してみたところ、E-3の約2倍程度に収まりそうな雰囲気。
攻略時にはS勝利が約1/3、A勝利も約1/3だったので、阿賀野のドロップ率がE-3の1.5倍程度あれば資材的には同等の効率、しかも時間効率的にはE-5の方が有利、と判断してE-5に周回海域を変更。

そして何周かした後に阿賀野をゲットし、11/19時点でのイベント海域限定艦娘はコンプリートしましたとさ(ついでに初風)。

2013 DMM.com/KADOKAWA GAMES『艦隊これくしょん

20日以降

で、20日のアップデートで最深部に新艦娘のドロップが追加されるそうで。

E-5では私がまだ見つけていない長波、長門もドロップするとの報告があるので、明日からまたしばらくE-5を回る日々を過ごすことになりそうだ。
俺達のイベントはまだ始まったばかりだ!

レッドブル エナジードリンク 250ml×24本
レッドブル エナジードリンク 250ml×24本