読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

ぎんぎつねの顔認識


10月からテレビ東京ほかで放送しているぎんぎつねは、神様や神社などへの造詣の深さと等身大の高校生の日常感といったものが感じられ、ゆったりとした気持ちで見ていられるアニメです。

そのぎんぎつね6話で、ちょっと面白いとおもった表現がありまして。

それがコンパクトカメラの顔認識機能を使った表現。

落合さより/集英社・ぎんぎつね製作委員会『ぎんぎつね』6話


ぎんぎつねの4話から6話は、前の神社では自分の居場所を見つけられなかった悟とハルという少年と神様が、主人公のまことたちの神社での新しい生活に馴染むまでのお話。
悟は4話から6話の前半までずっと自分の気持ちを押し隠し、他人への深い関わりを避けていました。

そんな悟の雰囲気は率直に言えば「暗い」。
正直なところ、見ているこちらの気持ちまで滅入る、あるいはそれを通り越してイライラする、ぐらいのものを感じていました。
だからこそ、6話後半で悟が主人公のまこととその友達の3人の騒がしさにブチ切れ、それをきっかけにどこか吹っ切れるというのは、定番かもしれませんが見ていて気持ちいいものがありました。

その6話の締めとなるのが顔見知りの近所の人を含めた写真撮影のシーン。
まことの友達の1人、ユミが自分のカメラのセルフタイマー機能で、近くにいる人みんなでの集合写真をとります。

落合さより/集英社・ぎんぎつね製作委員会『ぎんぎつね』6話

といったふうな流れで冒頭の悟の顔認識のショットになるわけです。

それまで人を避けていた悟が、背景としてではなくちゃんと1人の人間として集合写真に加わっているという表現として、顔認識機能を使うってのは面白い表現だなぁ、と思ったのです。

落合さより/集英社・ぎんぎつね製作委員会『ぎんぎつね』6話

ちなみにこの顔認識、もしかしたら笑顔を感知して自動的にシャッターを切る、笑顔認識などと呼ばれる機能なのかな、とも思いました。
なので調べてみました。

参考にしたのはAni-Came!さんというブログのこの記事。

Ani-Came! : アニメ・特撮・映画に出てきたカメラたち〜『ぎんぎつね』編 はてなブックマーク - Ani-Came! : アニメ・特撮・映画に出てきたカメラたち〜『ぎんぎつね』編

*1

どうやらPanasonicLUMIX DMC-SZ3というカメラのようです。
そして公式HPでは笑顔認識についての記載はなく、ヨドバシのスペック表でもスマイル認識の欄が無になっているので、そのような機能はないようです。
DMC-SZ3|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic
ヨドバシ.com - パナソニック PANASONIC LUMIX ルミックス DMC-SZ3-W [LUMIX(ルミックス) ホワイト]【無料配達】 はてなブックマーク - ヨドバシ.com - パナソニック PANASONIC LUMIX ルミックス DMC-SZ3-W [LUMIX(ルミックス) ホワイト]【無料配達】

と、いつもはこういう作中に登場した道具について詳しく調べたいと思うことはない私が、ちょっと調べてみたいと思うぐらいには印象的な表現でした。
原作マンガだとどんな風になってるんでしょう。

ぎんぎつね (一) (初回特典:ミニ絵馬&落合さより先生書き下ろしドラマCD&イベントチケット優先購入申込み券) [Blu-ray]
ぎんぎつね (一) (初回特典:ミニ絵馬&落合さより先生書き下ろしドラマCD&イベントチケット優先購入申込み券) [Blu-ray]

*1:余談として。Ani-Came!さんはこのぎんぎつねの記事を書こうとして見つけたのですが、アニメにとどまらないいろんな作品でカメラの特定と解説をされていてすげーなと思います。オススメ記事はこれ。Ani-Came! : アニメと特撮に出てきたカメラを200機種特定して、わかったこと(アニメ編その1) はてなブックマーク - Ani-Came! : アニメと特撮に出てきたカメラを200機種特定して、わかったこと(アニメ編その1)