読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』見てきた

アニメ 映画 アイドルマスター 思想 感想

劇場版アイマスを見てきた。
率直に言って面白かったです。

正直なところ、TVアニメアイドルマスターは面白かったけど不満もあった。
それはアイドルたちが恋をしたりロボで戦ったり声優が違ったりすること
…ではなくて、物語後半での天海春香の考えが正直ヌルいな、と思ったから。

TV版アイマス765プロのみんながホントに輝いていて、どのキャラも見せ場があり、各キャラ同士のやりとりにも心揺さぶる何かがあり、ライブシーンもキラキラと輝いていた。
ただストーリーに関して言えば正直安全圏に留まっていたな、という印象だった。
どのキャラにも見せ場があるが、それは大きなドラマの中でそれぞれの輝きを見せているというよりは、どこかみんな平等に持ち回りで話を回しているような。

その象徴が先程述べた天海春香
TV版で春香に対置されたのであろう星井美希の、静かに、しかしギラギラと上を目指そうとする姿勢に対し、春香のみんな仲良くって気持ちヌルくないか? とずっと引っかかっていたのだった。

そんなTV版を引きずっての劇場版。見てみてかなりガツンときた。
ストーリーの中心は天海春香。その春香がTV版から自分が大事にしてきたことを迷いながらも貫き通す。
ヌルい考え方も、それをどんなにハードな状況でも貫き通すなら確固たる信念。
何度も心が揺らぎながらも、どうしても捨てきれない思いを抱き続ける春香の姿も、春香の気持ちが固まるのをじっと待つ、あるいは時に軽く背中を押す765プロのメンバーの姿も、可憐で気高かった。

映画アイマスの印象はなんとなく映画けいおんの印象と似ている。
けいおんも劇場版、しかも海外というシチュエーションにも関わらず、観光名所を素通りして、尺を割いたのが夜のホテルでのいつもどおりの放課後ティータイムの姿だったりした。
テレビシリーズでやったことを劇場版でも変わらず大事にする。
2つの映画のそんな部分がダブって見えたのだ。
やはり確固たるモノを持っているモノは強い。

とまぁこれで大体の言いたいことは終わりなんだけどライブシーンも良かった。
特にラストのライブはなんかもう、うお、すげーとこでライブやってるんだな、という迫力が半端無かった。
というかあれはテレビと同じく全部手書きなの? かなりの人数が踊っていた気がするんだけどそういうのってアニメーターさん大丈夫なの?*1

劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』は面白かったです。

*1:あと作画といえば合宿で春香が可奈を見つけて近寄っていくシーン、あそこだけ別の作品かと思うぐらい独特の雰囲気あったんだけどあれは何だったんでしょうか…