読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

走りだすこと

早く走れる人であっても、走ろうとしなければ前には進まない。
早く走れない人でも、足を前に踏み出せばその分前に進む。
そして時に後者は前者を追い抜くことがある。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。のヒロインの一人、
由比ヶ浜結衣はその場の雰囲気を読むのは得意だが、
難しいことを考えたりするのは苦手なキャラだ。

一方主人公の比企谷八幡は頭は冴えており、普段は怠けているがいざというときには行動力もある。

そんな二人だから、俺ガイルでは起こった問題を解決する時、
比企谷がうだうだいいながらも「決定的な何か」をし、
由比ヶ浜はそれを手伝う、あるいは見ているだけという場面が多い。

多かった。アニメ2期4話のラストまでは。

アニメ2期3話では、生徒会長選挙に立候補したものの、
穏便に落選したいという依頼が、比企谷たちの部活、奉仕部に持ち込まれる。
その難しい依頼に、また自分が悪者になることで対応しようとする比企谷。

それを快く思わないもう一人のヒロイン、雪ノ下雪乃は
4話で自分が生徒会長に立候補すると決意し、比企谷にそう告げる。
二人の意見は真正面から対立し、険悪なムードが漂う。

その日の帰り道、比企谷に由比ヶ浜は自分が生徒会長に立候補すると告げる。

由比ヶ浜は言う。
いままでずっと比企谷に頼っていたから、今度は自分が頑張ると。

雪ノ下が生徒会長になったら、きっとそちらに集中してしまって、
自分たちの部活はなくなってしまうと。

自分はこの部活が好きで、だから雪ノ下に勝つと。

そう言って由比ヶ浜は比企谷を追い越し、駆け出していく。

f:id:alphabate:20150427000930j:plain
渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。続『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』4話

きっと走りだせば簡単に由比ヶ浜を追い越せてしまう、
自転車を持った比企谷を置いて。

f:id:alphabate:20150427000047j:plain
渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。続『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』4話


4話にはもう一箇所自転車が出てくる場面がある。
リア充グループ筆頭の葉山に勝手に同情され、勝手に憐れまれて嫌な思いをした日の帰り道だ。
ここでも比企谷は自転車に乗ることはなく、その横を電車が追い越していく。


渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。続『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』4話


俺ガイル4話は比企谷が昔告白して玉砕した女の子と、
その女の子が好意を持つ男と一日を過ごし、
所属する部活も妹との仲もギスギスしている1話。

清涼剤たる戸塚も、賑やかしの材木座も出てこない。


だからこそラストの前向きな由比ヶ浜はとてつもなく眩しい。

f:id:alphabate:20150426235848j:plain
渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。続『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』4話


そして比企谷を残して前に進んでいくバイバイがすごく寂しい。

f:id:alphabate:20150427000134j:plain
渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。続『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』4話


俺ガイル2期、すげー楽しんでおります。はい。