藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

お気に入り+このサイトの新着記事

聲の形(感想メモ的な)

よかった。
全体のテーマというかキャラの描き方的にも。
ツボにくる細かい部分が散らばってるのも。(9/18追記)

見えてる、聞こえてる世界が違う

キャラそれぞれの見えてる、聞こえてる世界の違いがよかった。
特に石田、植野、川井の小学校の頃の世界の認識。

自分がしたことが返ってきた因果応報の世界。
急にやってきた異分子に、それまでの楽しい生活がめちゃくちゃにされた世界。
優しい自分にあらぬ疑いがかかった世界。

同じ視点も多く共有してただろうに
見え方がこんなにも違っていたと描かれるのがすげー面白い。

以下細かくツボにきたとこ

年下俺っ娘の俺の女宣言

結弦ヤバイ。大切な人を守るために
その人を堂々と俺の女だ発言してしまう小さい女の子ヤバイ
クッソ萌えるシチュエーションだった。
控えめに言って最高。

ふくらはぎとふとももヤバイ

これでもかと出てくる足、ヤバイ
特に印象に残ったのは前半、石田母のふくらはぎごしにたしか石田が映ってたやつ。
超エロい。ビビる。

中盤ぐらいからちょっと半端無くふくらはぎとふとももだな、って意識して見てたら、
最後に石田が顔見ると気持ち悪くなる的な話出てきて、
だから足ばっかりなのかななどとも思った。

永束の石田好き好き

永束は個人的にこの映画のMVP。
暗いストーリーになりそうなところ、石田が疲れきってゴールしてしまいそうな雰囲気、
その両方をいい感じに壊して、崩してくれてた。

あと真柴がいきなり石田と距離を詰めてきた時の嫉妬!
シチュエーションのレア度では結弦の俺の女宣言には届かないけど、
個人的には愛の深さ的にはタメ。

女性陣が全員ビジュアル的に魅力的

高校生組では植野、作品全体に広げると西宮母に特に魅力を感じたが
基本どの女性もかわいいorキレイ。
ビビる。

行動的にヒェッ…ってなる場面がわりとどのキャラにもあるんだけど、
ビジュアルのおかげで、いやーきついっす、ってなることがなかった。

(9/18追記)

ちゅき→月?について

これ夏目漱石がI love youを月が綺麗ですねに和訳したってエピソード(真偽不明)から持ってきたのか!?
って思ったけどどうやら原作者的には違うようだ。
(ネットで拾った情報で真偽不明。ファンブックあたりのインタビューかしら?)