藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

語彙力がない人向け感想の書き方

最近Twitter等で語彙力がなくて作品の感想が書けない、という人を見かける。

そういう人にとって、感想として浮かんでくるのはこんな感じだろうか

・感動した
・おもしろかった
・楽しかった

こういった感想で満足できない人に向けて、いくつかの方針、具体例を提示したいと思う

自分の反応、行動を感想に加え、感情の方向性、強さを示す

作品に触れて強い感情が引き起こされたとき、何らかの反応、行動を伴うことがある。
それを感想に加える。

・泣いた
・見終わってからKindleで原作を買った
・興奮で眠れない

これらは感想を言った人の人となりを知っている人であればあるほど情景が想像しやすい。
例えば一番上の感想はいつも泣いている人といつも無表情の人で感じ方が変わる。
そのためこの手法は身近な人、自分のことをある程度知ってる人に感想を伝えたいときに特に有効だ。

なお、その感想の独自性を高める前提情報を加えるとさらに生きた感想になる。

・ここ数年泣いたことないけど、この作品を見て泣いた
・続きが気になって、紙派にもかかわらず見終わってすぐ電子書籍に手を伸ばした
・昨日は仕事で忙しくて眠れなかったけど、今日は興奮で眠れなそう

応用としては、自分ではなく、周りの反応を加えるという手法がある。

・映画館が自分含む大勢のすすり泣きでお通夜みたくなってた
・テレビ放送されて原作買いにすぐ本屋に行ったが、最後の1冊だった

…後者はもはや感想ではない気もする。

作品の一部について感想を言うことでメリハリをつける

作品全体でなく、一部について言及するだけで少し印象が変わる。

・ラストシーン感動した
・中盤からずっと感動してた
・始まる前から感動してた

これになぜその部分なのかの情報を加えることで、より表現が豊かになる。
ぱっと感想がでてこないときは、なんでその感情が引き起こされたの? と自分に質問してみるといい。

・ラストシーン、それまで苦労してたキャラが救われて感動した
・中盤から胸に響く名言のオンパレードで感動した
・人気が微妙で打ち切りになりそうなこともあった作品だったから、映像化されたことに感動した。

類似点のあるものを並べて想像しやすくする

作品と似た体験、あるいは作品を見て同じような感想を持ったもの、または作品と共通点があるものを挙げることで想像しやすくする

・高校で同じ部活入ってたから、登場人物の悔しい気持ちがわかる
・志望校の合格発表のHPを開くときのような緊張感が後半ずっと続いた
・実質○○(作品名)

これはニッチな体験になればなるほど実感、共感を得やすく、多くの人が体験していることほど伝わりやすい。
人生でそう何回も経験しないが、1回は経験するといったものは共感されやすく、伝わりやすいだろう。

さらに深掘りする

ここまで挙げてきたことは、「どのように?」「どこが?」「なぜ?」と問いかけていくことでどんどん深掘りすることができる。
最初の例をもう少し深掘りしてみる。

・感動した
←どのように感動した?

・ここ数年泣いたことないけど、この作品は泣いた
←なぜこの作品で泣いた?

・ここ数年、ギスギスした仕事で疲れて感情が死んでいたけど、この作品に人の暖かさを感じて数年ぶりに泣いた
←この作品のどこに人の暖かさを感じた?

・ここ数年、ギスギスした仕事で疲れて感情が死んでいた。だけどこの作品で登場人物が小さなことにもいつも笑顔でお礼を言っている姿が、とても暖かく感じられて数年ぶりに泣いてしまった

と、こんなふうにいくらでも広げていける。

シェアされる感想

ここまで感想の書き方について書いてきた。
しかしこの書き方で書いた感想が高い評価をされるか、シェアされるかは別の問題だ。

結局のところ、評価やその結果の一つとしてのシェアに、一番影響があるのは共感だ。
次点で斬新さ。発言者の感想が正確に描写されているか、表現が豊かかはシェアされるかどうかに関係ない。
むしろ正確さを求めてどんどん感想を深掘りしていくと、それだけ発言者と受け手の感想にギャップが生まれやすい。
そして自分の感想とギャップがある、共感できない感想はわざわざシェアされることはない。

もしシェアされる感想を目指すなら、共感について多大なヒントを与えてくれるバーナム効果を考慮すべきだ。
曖昧な表現、どのようにでも解釈できる表現、誰にでも当てはまる表現を使うことで、
同じ感想を持ってると受け手に思わせることができればシェアの確率は格段に上がる。
ガルパンはいいぞ、なんてのはその最たるものの一つだ。

この記事ではシェアされる感想の書き方についてはこれ以上触れずにここで筆を置こうと思う。
あくまでこの記事は語彙力がないことに悩んでいる人向けの記事だからだ*1
この記事をもとに感想を書いたのに反応がないぞ!? という苦情は一切受け付けないのでそのつもりで。

*1:実際は語彙力ではなく、自分が作品に対してどんな反応をしたかに気づく注意力やなぜそんな気持ちになったかを考える思考力と言ったもののほうが遥かに重要だと思うが

宇宙よりも遠い場所での100万円と母へのメール

宇宙よりも遠い場所という作品で、主人公の一人である報瀬の持つ100万円は、何度も登場し、その都度違う意味合いを示してきた。

1話では小淵沢報瀬という女の子が、高校2年生でありながら100万円を稼ぐ、ありえないほどの情念をもつ女だと知らしめる。

2話ではその人並み外れた情念の結晶である100万円も、大人の事情を動かせるほどの力はないと現実の厳しさを見せつけてくる。

6話では空港のカウンターに100万円が叩きつけられることで、報瀬の仲間に対しての思いが、南極へのそれと同じかそれ以上のものになっていると証明する。

そして12話。しわくちゃの袋、ヨレの見えるお札は、報瀬が経験してきた苦難の道のりの象徴のようだった。


YORIMOI PARTNERS『宇宙よりも遠い場所』12話

そのボロボロで静かにそこにある姿は、ラストの怒涛の勢いで受信する、手付かずの未読メールとは対称的だ。


YORIMOI PARTNERS『宇宙よりも遠い場所』12話

一方は様々な経験をしながら報瀬と共に歩み続け、一方は報瀬の思いを乗せて誰にも触れられぬまま、それぞれが長い時間と道のりをかけて南極に到着する。
壮大でありながら、とことんパーソナルな再会だなぁと思う。

鉄血のオルフェンズのどこがクソか

鉄血のオルフェンズにはいろいろと不満がある。
特にこちらの印象・感情を悪い意味で裏切ってくるのがひどい。

例えば2期から鉄華団に加入し、整備等の裏方をやっていた殺人ドカベンことデイン。
彼は最終局面でもう先のない鉄華団を抜けようと同期のザックから持ちかけられるが、
昔殺人を犯した自分を受け入れてくれたのは鉄華団だけだと言って拒否する。
うん、感動のエピソードですね!

その次の話数では、上司をぶっ殺して鉄華団を抜け、
元気に政治家の秘書として活躍しているタカキの姿が!

…あのさぁ…

最終話では孤児院や工場で元気に働く元鉄華団団員の姿が!
そこにはデインの姿も!

…バカジャネーノ?

これなら殺人者を受け入れてくれるのは鉄華団だけ! みたいなことを言わせんなや。


これなんかは脇役の話だが、メイン格でもそれまでの印象を裏切ってくる。
特にヤバイのはマクギリスとラスタル

マクギリスは1期ラストで親友のガエリオギャラルホルン内では禁忌とされている阿頼耶識システムを使わせるよう、
思考、行動を誘導し、そのスキャンダルを利用して一気にギャラルホルン内でのし上がる。
その人物が2期ではバエルを手に入れればギャラルホルンのルールでみんな従う!の脳筋仕様に。

こちらとしては1期の心理把握に長けたマクギリスのイメージでいるから違和感しかない。
ストーリーをたたむためにキャラを歪めたとしか思えない。

ラスタルは1期では自らが率いるアリアンロッドがドルトコロニーで武装蜂起を煽って鎮圧するというマッチポンプ
2期ではマクギリスの評価下げのためにアーブラウとAEUの紛争を長期化させる。
自分の権勢を維持したいだけの、まさに現状のギャラルホルンを体現した男。

…ってのがどっかで緩やかに体制を改革する、清濁併せ呑む実力者になったらしい。

だったら部下に死傷者多数出すマッチポンプやらせんなや。
ギャラルホルンの信用低下してるときに、調停能力すらないことひけらかすような真似するな。

アーブラウ防衛軍の主力の鉄華団はすでにラスタルの手のもので掌握しているんだから、
マクギリスの頭越しに電撃的に紛争調停・停戦で、マクギリス下げに加えてラスタル上げ、ギャラルホルン上げまでできる。
なのにわざわざマクギリス下げだけにこだわる権力スキーにしか見えんわ。

このラスタルのドぐされキャラ印象のおかげで、1期でギャラルホルン改革派だったガエリオ
いきなり腐敗肯定派になったようにしか見えなくて?????である。

つーか1期で冥土の土産にべらべら喋ったんだから、ちゃんと念入りにコクピット潰しとけマクギリス。
ちゃんと死亡確認しないとか頭おかしすぎやろ。

このキャラぶれっぶれの二人が、2期の最終話までの流れを作るんだからそりゃあクソアニメになって当然である。

他にも1期では火星から地球への辛く長い旅を経験し、2期前半では地球と火星の遠さに付け込まれる鉄華団が、
革命騒ぎからID書き換えまで火星と地球の往復を気軽に考えてたり、
ラスタル鉄華団を見せしめにしようと世論誘導など含めた準備を着々と行いながら、
最後は見られたらヤバイ禁止兵器を使ったりなどなど、
なんで制作陣はここまで愚かになれるんだ? という展開が多すぎる。
もはや逆に狙って支離滅裂にしてるんじゃと思うレベル。

仲間が死ぬ→周りが騒いでオルガが悩む→前に進むしかない
のループをずっと繰り返されて冷えっ冷えのこっちに、矛盾だらけのその場限り展開をさらけ出してくるスタイル、
ホントクソアニメでした。

悲しいなぁ…

www.jiji.com


b.hatena.ne.jp

moko_chan ソシャゲにも問題あるのは確かだが「金払っても望んだモノは手に入らんかもしれん」って前提は共有されてるガチャと「金払えば必ず病気改善しますよ」って大嘘言うニセ科学と同列に語るのは流石にないわ。

「パズドラ」などで不当表示=ガンホー、グリーに措置命令-消費者庁:時事ドットコム

 消費者庁によると、ガンホーが昨年11月~今年2月に配信したインターネット番組で、パズドラのプロデューサーが「11月に登場したガチャキャラが全部、究極進化する」などと発言。同様の表示もしていた。しかし、実際はゲームを有利に進められる「究極進化」するのは一部だけだったという。

「金払っても望んだモノは手に入らんかもしれん」って前提は共有

はてなブックマーク - alphabateさんのツイート: "ニセ科学がー、とか言ってる人がガチャに金注ぎ込んでるのクッソウケる。結局自分が満足するなら詐欺的商売なんだろうが関係ないんじゃん"

ublftbo たとえば設定確率の公表に虚偽があるとかならともかく、ガチャのシステムそのものは、そう簡単に詐欺的であると評価出来るものではないでしょう。法的にも道義的にも心理学的にも、かなり難しい問題だと思いますよ。

「パズドラ」などで不当表示=ガンホー、グリーに措置命令-消費者庁:時事ドットコム

 一方、グリーは昨年12月~今年1月の懸賞企画で、携帯電話用ウェブサイトに商品のデジタルカメラやゲーム機について、それぞれ「当選本数100本」と掲載。しかし、実際には5~30本だった。

ublftbo たとえば設定確率の公表に虚偽があるとかならともかく、

はてなブックマーク - alphabateさんのツイート: "ニセ科学がー、とか言ってる人がガチャに金注ぎ込んでるのクッソウケる。結局自分が満足するなら詐欺的商売なんだろうが関係ないんじゃん"

itotto なんでガチャとニセ科学が同列扱いなんだろう?


悲しいなぁ…

月がきれいの小太郎が失恋すると思う根拠

なんか常識的に考えて普通に両思いな気もしてきたけど一応書いとく。

続きを読む

キリトさんがめっちゃキリトさんだった劇場版SAOオーディナルスケール

私が行った回で一番笑いが起こっていたのは、
キリトさんが自販機パンチした後、シノンに何か飲むかと聞いた所だった。
一緒に見ていた友人はそんなキリトさんを「所沢のチンピラ*1」「デジタルチンピラ」などと言って私を楽しませてくれた

そう、キリトさん。キリトさんがアニメに帰ってきた!
最終局面で、腕につけていた重りを外すキリトさん。
最高。

*1:実際はキリトさんは川越市在住。TV版で所沢駅が出てるので友人は勘違い

続きを読む