藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

『アクタージュ act-age』の大人たちのやり方についてのメモ

マツキタツヤ・宇佐崎しろ『アクタージュ act-age【7】』(週刊少年ジャンプ)P23
アクタージュ act-age(以下アクタージュ)は週間少年ジャンプに連載されている『天才女優と鬼才監督の出会いから始まる、1本の映画を巡るアクターストーリー』だ*1
当然登場するキャラの多くは芸能人、役者、監督や演出家といった表現者や芸能プロダクションの社長、プロデューサーたち。自分の持つテレビや舞台の向こう側のイメージそのままかあるいはそれ以上に、イカれた言動をするキャラも多い。

ただこの作品、大人たちは結構共通した特徴を持ってるんじゃないかと思う。
それが役者、特に若者たちを大切にしようとする言動だ。

冒頭の7巻の一幕はそれをめちゃくちゃ感じた場面だ。
女性側の元役者の芸能プロダクション社長、星アリサは自分自身が演技にのめり込み過ぎて心を壊してしまった経験から、同じような兆候を感じた主人公の夜凪景の身を案じて助言をしている。
それに対して男性側、自分の作品の主演を探していた映画監督の黒山墨字も夜凪景の身を案じることを当然のことだと自覚している。

作品のことを一番大切にし、常識といったものを無視する言動も多い黒山。その彼が作品と同じかそれ以上に役者のことをしっかり考えてるのかもしれない、ってのがここから受けた個人的印象だった。

ここに限らず、この作品はストーリーに大きく関わる大人たちは役者、特に若者を大事にしている印象を与えてくる。

例えば一番最初の長編エピソード、デスアイランド編の監督、手塚由紀治。
この監督は映画をビジネスと割り切って、適当に流して作ってたりするように見える。ただそれと同時に、危険性を認識しつつも役者の希望に応え、最大限安全にも配慮して危険な撮影に挑む役者本位の感覚を持っているようにも見える。

マツキタツヤ・宇佐崎しろ『アクタージュ act-age【3】』(週刊少年ジャンプ)P54
マツキタツヤ・宇佐崎しろ『アクタージュ act-age【3】』(週刊少年ジャンプ)P55
マツキタツヤ・宇佐崎しろ『アクタージュ act-age【3】』(週刊少年ジャンプ)P59
マツキタツヤ・宇佐崎しろ『アクタージュ act-age【3】』(週刊少年ジャンプ)P116

2つ目の長編エピソードはもっと直接的だ。このエピソードのキーパーソンの一人は劇団天球を率いる演出家、巌裕次郎
彼の役者を救い、育て、一人でも生きていけるようにしてやりたいと思いが全編に渡って描かれることになる。

マツキタツヤ・宇佐崎しろ『アクタージュ act-age【6】』(週刊少年ジャンプ)P158
マツキタツヤ・宇佐崎しろ『アクタージュ act-age【6】』(週刊少年ジャンプ)P159
マツキタツヤ・宇佐崎しろ『アクタージュ act-age【5】』(週刊少年ジャンプ)P131

冒頭の2人も含め、ストーリーに大きく関わる大人が役者を使い捨ての道具とみなすのではなく、一人の人間として向かい合う。
そういう姿勢がイカれた行動をしがちなキャラの多いこの作品に一種の安心感を与えているのかなと思う。

また、もしかしたら最新コミックス11巻で展開されている羅刹女編で垣間見える、夜凪の父親の家族に対する冷たく見える仕打ちなどにも繋がってくるのかななどとも思う。