藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

『ルックバック』

先日ジャンプ+で公開されたルックバック。
ルックバック - 藤本タツキ | 少年ジャンプ+ はてなブックマーク - ルックバック - 藤本タツキ | 少年ジャンプ+
結構話題になってたり、スペースで語ってる人がいたりで刺激されたので、
自分が読んで思ったことを書き残したくなった。

個人的な評価としては面白いよりなんだけど、どうしても引っ掛かるところがいくつかあった。

最初の4コマの絵上手いか?

読者が初めて見る藤野の4コマ、あまり絵が上手いように思えない。
だのに作中では同級生だけでなく大人までが「絵が上手い」「画家になれる」と言っている。
この作中のキャラたちの評価と自分の評価との違いにかなり戸惑った。

現実の小学生が書いたトップレベルの漫画を探してみたところ、りぼん小学生まんが大賞がこれくらいのようだ。
りぼんわくわくステーション はてなブックマーク - りぼんわくわくステーション

ここの入賞者は6年生が多いが、藤野の絵はこのレベルぐらいまで盛っても良いように感じる。
京本の絵は小学生を軽く超えてるように見えるので。

なぜ藤野は6年生でマンガを描くのを辞めたのか?

自分がどんなに努力しても、京本に追いつけないと悟ったからだと考えられる。
その原因が6年の学年新聞。
…のはず。

ただ自分には藤野の絵が目に見えて上手くなってるのはわかるのだが、京本の絵がうまくなっているのかがよくわからない。
少なくとも京本の成長速度より、藤野の成長速度の方が早いように思えてしまう。
なのでこのまま藤野が成長すれば京本に追いつけそうに思える。
それなのに辞めちゃうんだ、と思ってしまう。

藤野が苦しみながら絵を勉強しているといった印象があればまた違った感じ方をしたかもしれないけど。


この2点はストーリー展開から逆算で理解できるのだが、藤野と京本の絵が自分の理解を邪魔していて結構気持ち悪い。
しかもこの2点は序盤、前半のキーとなる出来事だけに、かなり作品を微妙に感じてしまう。

その後の京本が藤野をべた褒めする、藤野が見栄を張る、別れてからめちゃくちゃ喜んでマンガをまた書き始める、そういったところはめちゃくちゃ好きなのだが。

なぜカラテなのか? 舞台はどこなのか? これは妄想なのか? もう一つの世界なのか? すべてがわからない

京本が死んだあと、藤野の破ったマンガを小学生の京本が読む場面から展開される物語。
これがよくわからない。

二人が出会わず、マンガを描かない物語でも京本は背景美術を学ぶために美大に進学する。
そこで武器をもった男と遭遇する。
この展開でも京本は死ぬのかと思いきや、藤野がカラテで男を撃退する。

なぜカラテ? 藤野の姉がカラテをやってみないか勧めていたシーンはあったが、
マンガを書いていない藤野がカラテをやる理由が自分には読み取れなかった。

またこの美大と二人の故郷の位置関係もわからないし、
京本と出会わなかった藤野この時期どこに住んでいるかも全く想像がつかない。

なのでこの場面は唐突な展開に思えて「は?」となった。

そもそも破った4コママンガがドアの隙間を抜けると、
そこはまだ小学生の頃の京本がいた部屋だったというのも理屈がよくわからない唐突な展開に思う。

超常現象なら序盤から予兆か現象自体を描写しておくべきだし、
妄想ならわざわざ陰惨な事件の一歩手前まで展開させるのが謎だし、
すべてがわからない。

せめて京本の「なんで漫画描くのやめちゃったんですか?」に対して、
「ステップアップする為にやめた」ぐらい言ってくれれば、
よくわからないが前半と繋がったな! 感だけはあったと思うんだけど。


とまぁ『ルックバック』はこんな感じで引っ掛かるところが多くて、
世間がいうほど面白いか? というのが自分の偽らざる気持ちである。