藤四郎のひつまぶし

プロの素人によるブログ

エロ広告と規制と故郷の話

ツイッターのタイムラインでエロ広告の規制について話題になっていた。
エロ広告と規制と聞くと、故郷である宮城県について連想する。

2000年頃ごろまでの仙台市の繁華街、国分町はピンクチラシがえらいことになっていた。
小さい私は用事があって仙台によく行っていたが、公衆電話や電柱や壁、至るところにピンクチラシが貼ってあった印象がある。
Wikipediaでしかソースが見つからないが、ニューヨーク・タイムズの日本版にその惨状が報道されていたらしい。
ピンクチラシ - Wikipedia

あまりの量に宮城県ではピンクチラシ根絶運動がおこり、条例を改正してピンクチラシを貼ることを条例で禁止。その後罰則規定を設けることになった。
それらの出来事がおこったのが2000年前後。そのへんについては下記サイトをピンクチラシで検索すると雰囲気をつかめるかもしれない。

組合発展の歩み 昭和54年~平成16年|宮城県社交飲食業生活衛生同業組合組合発展の歩み 昭和54年~平成16年|宮城県社交飲食業生活衛生同業組合

私が仙台の大学に進んだのは2000年代中盤からだったが、その頃はピンクチラシはほとんど見かけなくなっていたと思う。
また時を同じくして全国各地でピンクチラシの規制は強化されていったようだ。

実際に仙台でエロ広告の氾濫と規制を見てきた自分の感覚としては、これらの規制は公序良俗の範囲で行われたという気持ちが強い。
その後の宮城県言論統制が強まったという感覚もない。

タイムラインで話題になっていたのはインターネットでのエロ広告について。
インターネットは公共のものという側面が強くなっていると個人的に思っているので、
それまで野放しになっていたものについて、行き過ぎたものがあり、
改善の見込みがなければ規制を入れざるを得ないのではなかろうか。

その規制も例えばエロ広告は表示に閲覧者の同意が必要といった形も考えられるはず。
一方的に排除したり押し付けたりするのではなく、インターネットを使う人それぞれが最大限尊重されるような、そんな環境構築を考えていければなぁと思うのでした。